« 二子玉からAYAKA NATION 2021@横浜アリーナ | トップページ | 孫一のふるさとから和歌山新スポット »

2021年7月11日 (日)

横須賀NAVY散歩

翌月曜、まずはジョイナスのドトールでモーニング。時間は既に9時過ぎ

ですが、けっこうなビジネスマン。首都圏はフレックスとか当たり前なん

すねぇ~。さすが横浜!

 

京急横浜駅から特急に乗車しました。京急は久々。以前、金沢文庫に乗って以来かな。

関東に来た際、よく乗る私鉄といえばまずは東急、次に東武、小田急あたりの順

番で、京急にはあまり乗らないので新鮮です。関西の阪急と同様に熱狂的なファンの

多い会社とのこと。確かに座席も柔らかく快適。車両も関東で一般的なステンレスむ

き出しではなくちゃんと塗装されていて実にいい感じです。ドレミファインバーター

も京急ですね。

 

乗車すること30分、汐入駅で下車です。駅前には横須賀芸術劇場がどーん。都会で

す!この日はまず横須賀軍港めぐり。駅前のショッピングセンターでチケットをゲッ

ト。1600円と少々強気です。2階席に乗り込みクルーズスタート!

Suka021001

出港後右手にはまず米海軍横須賀基地が展開。

Suka021002

日本最古のドライドッグや潜水艦なども見えます。さらに進むと米軍の

イージス艦も停泊しています。

Suka021003

左手には自衛隊の艦船も見えましたが、それはのちほど。また沖合には消

磁所がありました。説明によると金属製の艦船は航海すると磁気を溜め込

むとのこと。その磁気をこのブイのようなもので消すさうです。なお、こ

の設備があるのは横須賀だけらしいです。

Suka021004

左手には吾妻島があり、ぐるっと島をまわります。右手には結婚式場

風の市リサイクルセンターがあったり、日産の倉庫も見えます。

しばらくすると海上自衛隊司令部のある船越地区へ。潜水艦救難艦ちよだ

などが停泊しています。

Suka021005

船はぐるっと湾を旋回し、新井掘割水路へ。こちらは明治時代に本港と船越のある

長浦湾の短絡路として旧海軍により掘られた水路とのこと。

Suka021006

水路を進んでいると米軍のボートとすれ違いましたが、海兵隊員が手を振ってく

れます。もちろん自衛隊員も実にフレンドリーでした。

  

水路を抜けると右手の吉倉桟橋にも多数の艦船が停留していました。

Suka021007

左からきりしま、いかづち、てるづき、まやが並び、きりしまとまや

がイージスシステムを搭載したミサイル護衛艦です。六角形のレーダ

が特徴的。

そしてその奥には念願のヘリコプター搭載護衛艦いずもが!

Suka021008

全長248mの超弩級自衛艦。基準排水量19,950トン。大戦中の正規空母飛龍より少

し大きい感じですね。まもなくF35Bを搭載できる空母に改修されるとのこと。

国土防衛の旗艦となる自衛艦です。

そんなこんなで45分かけ、寄港。う~ん、予想以上に面白かった!1600円、安か

ったな。

 

ヴェルニー公園を散歩。ヴェルニーは幕府の要望を受け、横須賀製鉄所と観音崎

灯台などの建設に携わり、横須賀の近代化に礎を築いたフランス人技師です。

記念館は残念ながらおやすみでしたが、記念館前には戦艦陸奥の主砲が展示されて

いました。陸奥は1921年横須賀海軍工廠で建造され、主砲は41cmもある巨大なも

のでした。

Suka021010

また陸からもいずもを見学。先頭はすでにへつられるなど、空母改修が

施されていましたね。

Suka021100

園内には他にもティボディエ邸や辺見波止場衛などもありました。

Suka021012

 

さてランランランチはドブ板通りでよこすか3大グルメの海軍カレーをいただきま

したが、こちらは意外と普通でした^^;。通りのお店も結構閉まっており、ちょっ

とさみしい雰囲気やったかな~。その後は街ブラしながら三笠公園へ。

Suka021013

こちらは以前一度来たんですが、時間切れで三笠を見学できなかったん

でリベンジです。

 

戦艦三笠は明治35年、イギリスで竣工。日本に回送され翌年連合艦隊の旗艦と

なり、37年黄海海戦、38年日本海海戦で活躍したことでも有名。

全長122m、幅23m、排水量15,140トン。日本で現存する唯一の軍艦です。

Suka021017

見学料を支払い艦内へ。

まずは上甲板の見学。両サイドには15インチ副砲や補助砲が並びます。頭部には

ドーンと30センチ主砲が。

Suka021014

主砲の上に見える司令塔の内部も見学。梶や羅針盤などが設置されていました。

Suka021015

そして最上部に最上艦橋がありました。

Suka021023

一番左の八角形の金属板のところに東郷司令長官が立ち、日本海海戦に

おいて指揮を執り、ロシア帝国のバルチック艦隊を打ち破り、有色人種が

白色人種を世界で初めて打ち破るという快挙をなし得ました!

 

次は階下に降り中甲板の見学。中央展示室には日本海海戦の展示が多数。

東郷長官直筆の「皇国興廃在此一戦」の書や軍服なども。見どころ満載。

最後部には長官室もありました。

Suka021016

さていろいろな展示を見ていたわけですが、その中でもびっくりしたのがこちら

の写真。

Suka021018

三笠は大正15年にその功績から記念館として保存されますが、大戦後、ソ連の要望により

スクラップの対象にまでなりますが、米軍の要望もありなんとか免れます。しかし、昭和

24年に甲板上の艦橋、大砲などが取っ払われ水族館や更にはダンスホールが作られ、その

後は荒廃し、残念な姿に。そして戦後16年を経て現在の姿に復元されたようです。

だから多くの砲台などは後補のようですね。ちと残念。

とにかくボリュームが多すぎて見きれなかったのが残念。1時間もあれば十分かなと思ってま

したが、ぜんぜん足りませんでしたな。またのリベンジを。

 

帰りは横須賀中央駅へ。途中市役所でマンホールカードをゲットし、ショッピングプラザ三笠

などをぶらぶらし、快特に乗車。

Suka021024

新横では、ずらし旅特典で土産も無事ゲット!久々のももクロちゃんライブと

横須賀を満喫、十分気分もリフレシュし、帰路についたのでありました。

次は夏ライブ、西武ドームやね~。

 

 

 

« 二子玉からAYAKA NATION 2021@横浜アリーナ | トップページ | 孫一のふるさとから和歌山新スポット »

私の大旅行記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。