« 京都神仏霊場めぐりから壬生界隈 | トップページ | 地元再発見! »

2020年4月12日 (日)

河内田原城界隈

コロナで遠くもいけず、悶々とする日々の中、今週と先週と二週にわたり

四條畷市にある田原城跡を登城。

江戸末期に作成された「上田原明細帳」によると戦国期、三好長慶の被官

であった田原対馬守が在城したお城のやうです。

 

城へは北と南から登城可能。住宅の裏にあるため、登城口はややわかりにく

いですが、このやうなちこっとした看板があるのでそれを便りに進めば、大

丈夫です。

Tawara02004

住宅と畑の間を抜けること進むと登城口に。四條畷市が設置した解説板が

あり縄張図も確認できます。

Tawara02012

さらに看板の指示に従い進むと、東郭を右にてみてすぐに本丸にとうちゃこ

します。3分程度なんですぐ。

Tawara02005

本丸の平坦地には、お社と城址のどでかい看板があります。

Tawara02006

眼下に広がるのは上田原の町で麓には北谷川沿いに古堤街道が走るなど、

この地が交通の要所であったことがよくわかります。なかなかの絶景。

 

本丸をあとに東郭の麓までもどり、右折し今度は堀切道をすすみます。

Tawara02007

左手には二の丸があり、脇道から登ることもできますが、郭には竹が生

い茂り、ともてやないが見学はできさうにありません(^_^;)。堀切道

をさらに下ると右手上方に本丸が、そして左手下に水郭が見えてきます。

水郭には現在も井戸が残り、周囲は水がついてじっとっとしていま

したね~。

Tawara02008

そのまま北に進むと北谷川にかかる橋から古堤街道にでます。

Tawara02009

道を戻り、直進。坂を登り、右手の土手の上の道を進むと裏山郭にとうちゃこ

です。一番奥にはお地蔵さんがあり、南に進むと西砦へ。こちらも竹林となって

おり、これといった遺構はないですが、城域が広大であったことにびっくりしま

したね。

Tawara02011 

城跡の北側、古堤街道を挟んだ丘の上には千光寺跡があるので(ちょうど

四條畷消防署田原分署の隣側)、そちらにも足を伸ばしました。

Tawara02001

千光寺は田原対馬守の菩提寺で、もとは阪奈サナトリウムの駐車場にあったよ

うですが、こちらに遺構が移築展示されています。

 

遺跡からは礼幡と記されたキリシタン墓碑も出土し(郷土資料館展示)、礼幡は

対馬守の洗礼名とされています。三好長慶はキリシタンにも寛容で、多くの被官

がキリシタンとなり、彼らは河内キリシタンと言われたそうです。遺跡展示場から

南側を望めば、先程訪れた田原城跡を眼前に望むことができました。

Tawara02003

そんなこんなで田原の里の歴史散歩は完了。早くコロナ騒動が収束し、また遠出した

いもんですわ。

 

 

 

 

 

« 京都神仏霊場めぐりから壬生界隈 | トップページ | 地元再発見! »

奈良ならでは!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。