« 唐古・鍵遺跡 | トップページ | AYAKANATION 2018 オプショナル金沢文庫 »

2018年6月26日 (火)

AYAKANATION 2018 オプショナル金沢文庫

日曜は1ヶ月ぶりの上洛。品川から京浜東北線と京急を乗り継ぎ金沢文庫駅で
下車。京急には久々に乗りましたが椅子の座り心地はいいし、早いし快適ですね。
関西なら阪急、関東なら京急ですな。
 
駅から歩くこと15分弱で神奈川県立金沢文庫、称名寺に到着しました。まずは
称名寺へ。関東では珍しく真言律宗の寺院で北条実時開基です。
金沢北条氏の菩提寺となり鎌倉時代の末期15代執権貞顕の頃に伽藍が整備
されるが、幕府滅亡とともに灰塵と帰したらしい。
 
立派な仁王門が聳え立ちます。文政元(1818)年、再建です。
 
Mukana002
 
門の先には浄土庭園の特徴である池泉が広がり、太鼓橋と平橋がかかって
います。ほんと浄土みたいに美しい景色ですね。境内には水鳥を撮影する人や
写生する人などがたくさんいましたね。実にのんびりしていた。
 
Mukana001
 
金堂は天和元(1681)年の再建。もとは茅葺きだったらしい。下部がコンクリート製
なのがちょっと気になりました。
 
Mukana003
 
ほかにも北条顕時、貞顕親子の墓などもありました。
 
Mukana004
 
隧道を通して西側には神奈川県立金沢文庫があります。
 
Mukana005
 
国宝称名寺聖経を所蔵しており、当日は特別展として「御仏のおはす国」が開催
されてました。
全体的に経典ばかりで面白くなかったなぁ。もっと金沢文庫ゆかりの展示が欲し
かった次第。
 
さて金沢はここまでにして京急と横浜線を乗り継ぎ、けふのメインへ。
 
Mukana006
 
ここは駅チカやしいいね。座席はアリーナで今ひとつでしたが、キャパが小さい
さかい、お散歩タイムはよく見れました。それにしてもシュッとしてより色っぽく
なりましたね。
 
今回のソロコンは夏がテーマということでしたが、やっぱ前半のカバー曲は
知らないのがおおくてちと辛いな。浜崎や神田沙也加はさっぱりわからん。
聖子ちゃんもメジャー曲しかしらんさかいなぁ。
まあ雰囲気は楽しめましたがね~。エレキもかっこよかったし、最後のHanabi
も好きな曲やさかいこちらも感動しました。来年も決定したんでまた日が合えば
ぜひ参戦したいっす。Chubby Bunny は様子見です(^_^;)。
 
ライブ後は東急で宿のある神谷町までもどるので徒歩で菊名まで。案外横アリ
から菊名って近く、結構歩いてるモノノフも多いんであとをついていけば迷うこと
なし。
 
ディナーは中目黒のラーメン屋AFURIへ。なんと22:30なのに並んでる(・o・)!
さすが東京やね。前の行列は団体まちやったんで先に入れてもらえました。
ラーメン単体で4桁とはちょっと引きましたが、それだけの価値あり。
 
Mukana007
 
柚子塩ラーメン。おじさんはかういうさっぱり系のラーメンを待ち望んでいたんです
よ(^o^)。また機会があれば期待ですね。
そんなこんなで心もお腹もいっぱいになり1日目は終了。つづく。
 

« 唐古・鍵遺跡 | トップページ | AYAKANATION 2018 オプショナル金沢文庫 »

ももクロと音楽」カテゴリの記事

私の大旅行記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AYAKANATION 2018 オプショナル金沢文庫:

« 唐古・鍵遺跡 | トップページ | AYAKANATION 2018 オプショナル金沢文庫 »