« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月の5件の投稿

2018年5月27日 (日)

桃響導夢オプショナル

朝は両国のドトールで。最近のホテルは11時チェックアウトが多いのでゆっくり
できます。一件所用を済ませ、その後戸越であーりん版のホットペッパーをGET!
戸越銀座商店街で食べた豚丼もなかなか美味しかったですな!
 
さてお昼のメインコース白金台へ。所謂シロガネーゼのいる街ですな!駅近くにはドン
キがありましたが、その名はなんとプラチナドンキm9っ`Д´)!まあ色合いを見ても景
観に配慮しているということなんでせうが、そもそもドンキがあること自体どうやねんと!
 
10thani008
 
そんなドンキを通り越し、しばらくいくととうちゃこ。東京都庭園美術館です。
 
10thani010
 
昭和8年、朝香宮邸として建てられたアールデコスタイルの建築。戦後は、
吉田外相、首相公邸を経て昭和30年には白金迎賓館として利用されたやう
です。昭和58年には東京都が庭園美術館として公開しました。
 
10thani003
 
建物は鉄筋コンクリート造で設計は宮内省内匠寮、内装はフランス人室内装飾家
アンリ・ラパンらが手がけました。さて館内に入ってみませう!
 
正面玄関には有翼の女性像をデザインしたルネ・ラリック作のガラスレリーフ。
 
10thani004
 
なんとも言えぬ幻想的なデザインにびっくらポンです。脇の扉からいよいよ室内に
入ります。大広間の脇の次室にはアンリ・ラパンがデザインした香水塔が建ちます。
もともとは水も流れていたさう。このあたりは日本人の発想ではないですね~。
おフランスって感じや。
 
10thani005
 
大食堂は同じくアンリ・ラパンの油絵が壁面に描かれていたました。窓際のラジエ
ターも魚貝がデザインされているなど、見れば見るほど見所はつきません。
 
2階への階段もこの懲りようw(゚o゚)w。
 
10thani007
 
ジグザグのアールデコを強調したデザインに3種類の大理石を用いるなど贅沢の
極み。こちらのデザインは宮内省内匠寮が手がけたようです。
 
2階には吉田茂が外相時代に執務室として利用した書斎もありました。サンフラ
ンシスコ講和条約の草稿もこちらで練られたという歴史的な現場です!
 
10thani006
 
とにかく見所がいっぱいでしたね。きりがないのでこれくらいで。
 
当日は仏文学者の「鹿島茂コレクション フランス絵本の世界」も開催されてまし
たが、こっちはあんま興味なかったんで、軽くスルーしました。
 
館のゴージャスさにもびっくりしましたが、平日にもかかわらずたくさんの人が来
ていたことにもビックリ!さすが東京、人が多いよ。
 
そんなこんなでいい時間。新宿にちょこっと寄り道し、東京駅へ。Bookmarkの特典
で東京駅のトウキョウミタスなどで利用できる1000円分のチケットがあったんで
お弁当でも買おうかと思ったんですが、あんまいいお店がないさかい、
仕方なくキオスクで某焼売弁当を購入。実はこちらのお弁当を以前購入した際、
帰りの新幹線の中で定期券を落とした嫌な思い出があり、ちょっと考えちゃったん
ですが、まさかね~(^_^;)。
 
20時定刻にのぞみは出発したわけですが、なな、なんと米原で信号故障。名古屋は
10分遅れでとうちゃこしましたが、そこから動かず!岐阜羽島の前で停車し、結局
京都についたのは日がまわり2:45頃でした(-_-;)。
 
当然、乗り継ぎなどあるはずもなく、新大阪に休憩用の車両が手配されたとうこと
で新大阪へ。
 
10thani009
 
五時までそちらでうつらうつらし、さらに始発が六時ということで更に一時間駅で
待機。
 
10thani012
 
京都駅にもどり、そこから仕事に直行したという・・・。まさか焼売の呪いですかねぇ
・・・(^_^;)。
 
まあ特急料金も帰ってくるし、貴重な体験ができたということで、よしとしませう!
 

2018年5月26日 (土)

桃響導夢

23日は仕事を午前で切り上げて上洛。この日は、ももクロちゃん10周年
記念ライブ、The Diamond Four 〜in 桃響導夢〜だったのであ~る。
 
ライブ開始時間までは新橋のアド・ミュージアム東京へ。電通の広告博物館
で、江戸から現在までの広告の歴史が紙媒体から映像などを駆使し、わか
りやすく展示されていました。
 
10thani001
 
なるほどと思う展示から、これはっという上記のような展示まであり、なか
なか楽しかったです。
 
また当日は「ひと・人・ヒトを幸せにする広告」という展示があり、こちらは
色々考えさせられましたね。
 
10thani011
 
「老人は若者の未来です」、「つめたくするのは人間。あたかくするのも人間」
などなど色々考えさせられるテーマごとのCMが流されていました。どれも個性
的な内容ですっかり見入ってしましましたね。
 
思ったより見学に時間をくってしまい、慌てて山手線、中央線を乗り継ぎ、
東京ドームのある水道橋へ。駅一面すでにカラフルでしたね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
 
認証をすませ、着いた席は一塁側のスタンドでしたが、最前列ということもあり、
結構よかったですね。実際ステージが始まってもももクロちゃんが小さいながらも
よく見えました。あとゴンドラで回ってきた際は実によく見えましたし。
さてセトリは下記のとおりでした(BARKSより転載)。

overture ~ももいろクローバーZ参上!!~
10th Anniversary Opening Theme
1. Z伝説~ファンファーレは止まらない〜
2. マホロバケーション
3. BIONIC CHERRY
4. ゴールデンヒストリー
5. ココ☆ナツ
6. DNA狂詩曲
7. 桃色空
8. DECORATION
9. 行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-
10. ゴリラパンチ
11. 全力少女
12. 労働讃歌
13. コノウタ
14. 笑ー笑 ~シャオイーシャオ!~
15. 吼えろ!
16.『Z』の誓い
17.青春賦
<ENCORE>
ENCORE OVERTURE
En1. 今宵、ライブの下で
En2. クローバーとダイヤモンド
En3. あの空へ向かって

Z伝説は新バージョンで少々面食らいましたね。いきなりもとの歌詞や
曲にもどるし~(^_^;)。まあすぐに慣れるでせうが~。
あーりんが引き継いたゴリラパンチもよかったです。個人的に大好きなDNAや
全力少女も聞けたしね。
 
オーラスのあの空へ向かってからの「世界のももクロナンバーワン」。そしても4
人の涙の挨拶にはこちらまで泣けちゃいました。そして最後の最後はなんともも
クロちゃんたちからの「世界のモノノフナンバーワン」。ほんとげきか~んしっぱな
しの3時間でした。
 
次は千葉マリンスタジアムで会おう!あと南Pさんが言ってたミュージカルも見た
いなぁ~。
 
 
 

2018年5月18日 (金)

ももクロ十周年に

乾杯!0時回っちゃったが・・・(^_^;)。

2018年5月 8日 (火)

蒲生氏と近江商人のふる里 日野町

GW最終日は近江商人のふるさと日野へ。近江八幡からガチャコンに乗るわけですが、
私鉄で一番高いとも言われる近江鉄道。日野まで21.8キロですが、なんと790円。
しかし週末はスマイルチケットなるものがあり、一日乗り放題でなんと880円です。
十分もとが取れますね。駅の切符券売機で買えますが、なんかラーメン屋の発券機
みたいでした~(^_^;)。
 
Hino014
 
近江八幡からはあかね号。700系です。近江鉄道の社運をかけたやうな車両ですが、
すっかり老朽化。サビがでたり、椅子のモケットもえらい汚れていたり・・・(^_^;)。
 
Hino001
 
乗り換えとなる八日市駅からは鉄道むすめのラッピング電車。
 
Hino002
 
先日ももクロのライブが行われた大学前を経由し、日野駅にとうちゃこです。
駅前にはこのやうな看板も。
 
Hino003
 
日野は蒲生氏のふるさとでもあります。駅前でレンタサイクルを借りましたが、
身分確認などもせず結構ざっくり(^_^;)。1時間100円ださうな。
 
さてチャリで走りますが、意外と日野の市街がとおいのね。2キロ弱ありました。
まずはこれ。
 
Hino004
 
蒲生氏郷像です。1556年蒲生賢秀の長男として誕生。13歳で織田家の人質となり、
信長の娘冬姫と結婚。その後織田家の中で頭角を表し、本能寺の変では信長の
妻子を日野城に匿っています。
小牧・長久手の戦いでは信雄方の木造氏と戦い、戦功を認められ1584年、松ヶ島
城に12万石を受け入城。南勢の大守となりました。1590年には小田原攻めの活躍
により黒川42万石に転封。後に92万石までの大大名にまで上り詰めた武将です。
町民の誇りなんですなぁ。
 
ちょうどお昼に差し掛かったんで岡崎という近江牛のレストランへ。12時過ぎでした
が大行列。地元ではかなり有名なお店のようですね。
焼肉定食を注文。肉も柔らかく味付けもよし。価値ありました。
 
旧街道をとおり日野まちかど感応館へ。古い薬屋を利用した観光案内所で座敷の
なかも見学できました。薬に関する資料も多数。日野商人は日野椀や薬を行商し、
全国に展開しました。現在でも町内には日野薬品などの会社があります。
 
さてさらにチャリを10分ほど行き、南に路を折れると中野城跡。旧日野城です。
 
Hino005jpg  
 
はじめは分からずこの横の道を進んでいきましたが、茶畑でした~。看板がほしい
ところ(^_^;)。途中、蒲生氏郷の産湯の井戸もあり。
 
Hino007jpg
 
sて肝心の城址は更に道を進みダム湖の左手です。日野城は氏郷の祖父定秀が築城し蒲生氏三代の居城です。大部分がダムに沈んでしまったやうですが、郭の一分の土塁
や石垣、土橋が現在でも残っています。
 
Hino006jpg
 
城は氏郷が松ヶ島に転封になったあと、数代を経て慶長年間には廃城になったや
う。1620年には市橋長政が2万石で日野に入り、仁正寺藩を立藩。陣屋は城に一
部に建てられたようです。
 
城址には水堀の一部も現存していました。
 
さてお城からさらに西側に法雲寺があります。こちらは蒲生賢秀の菩提寺で
賢秀の墓所もあります。横には市橋利政の墓も。
 
Hino008jpg
 
次に訪れたのは馬見岡綿向神社。蒲生上郡の総社で蒲生氏も崇敬した1200年の
歴史があるお社。天穂日命を主祭神としています。
 
Hino009jpg
 
江戸時代には日野商人の崇敬もあり、社殿も立派です。明治時代には県社に列格
しています。神社の前の森は若松の森と言われ、氏郷が入った会津若松、松阪の
地名の由来となった森とのことです。
 
Hino010
 
神社前の近江商人日野ふるさと資料館もちこっと見学。旧山中正吉邸でその広さは
2000平米。山中家も近江商人で全国各地に展開。富士宮などにお店を持ち、酒造業
を営んでたさう。当主も普段は、出先に居て、綿向神社の祭礼である5月にはこちら
に戻ってきて日野祭に参加したそうです。
 
座敷は母屋の他、新座敷、洋間など実に広大でそれぞれ非常に作りが凝っており、
見入ってしまいました。
 
Hino011
 
もっとゆっくり見たかったんですが時間切れ。最後は蒲生氏菩提寺の信楽寺へ。
 
Hino012
 
こちらには氏郷の遺髪塔があったようですが、わかりませんでした。どうも墓所の中に
あったやうですが、サインがなかったのでわからなかった。
そんなこんなで見学終了。ふたたび日野駅へ。
 
Hino013
 
せめてもう少し列車の本数があればもうちょっとゆっくりできたんですが。
氏郷と近江商人の浪漫が感じられる日野町でした。
 
 

2018年5月 7日 (月)

神仏第107番 赤山禅院 第108番 曼殊院 

こどもの日は朝も早く目が覚めたため、京都入り。まずは赤山禅院へ。こちらは初めて
の参拝です。
 
Syugaku30001
 
比叡山延暦寺の系列で都の表鬼門を守護する方除けのお寺ださう。神仏習合が
色濃く残るお寺でもあります。
なんでも円仁が遣唐使船の帰路航路平穏を守護してくれた出港地赤山の泰山府
君の勧請を遺言。安慧が888年に創建したのが赤山禅院です。
 
Syugaku30003
 
当日は拝殿では大護摩供が行われており、結構な人が参列していました。
 
Syugaku30002
 
拝殿裏には本殿!?
 
Syugaku30004
 
お寺なんだか神社!?神仏習合というより神社ですよね。明らかに。
 
境内には摂末社っぽいお社もたくさん有り、回遊して参拝。なかなか池あり、
山ありでなかなかおもしろかったですね。
 
Syugaku30005
 
いただいた御朱印はこちら。やっぱ神社や。
 
Syugaku30010
 
ちなみに赤山大明神とは後水尾上皇命名みたいです。
 
赤山禅院を後に修学院離宮の脇を進むとすっかり牧歌的な景色が広がります。
京都市内とは思えないな。
 
Syugaku30006
 
山端をさらに進むと曼殊院にとうちゃこ。天台五門跡寺院の1つで初代門主は
菅原氏の是算国師です。
 
Syugaku30009
 
もともとは比叡山にあったみたいですが、二転三転し、良尚法親王により1656年、
現在地に移転したさうです。
 
Syugaku30008
 
良尚法親王は桂離宮を造った八条宮智仁親王の子ということで、調度などに共通点
も多々有るみたい。内部は写真撮影できませんでしたが、卍の欄間など芸を凝らした
室内は見所たくさんでした。庭園も美し。
 
Syugaku30007
 
こちらが御朱印。
 
Syugaku30011
 
ちょっと鄙を感じさせる、京都郊外の名刹。今度は修学院離宮とセットで再来したいで
すね~。
帰りは岡崎のみやこメッセに寄り道。欲しい本は見つからなかったけど涼しくて
よかったヽ(´▽`)/!
 
Syugakuin100
 

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »