« ももクロ春の一大事2018in東近江 | トップページ | 蒲生氏と近江商人のふる里 日野町 »

2018年5月 7日 (月)

神仏第107番 赤山禅院 第108番 曼殊院 

こどもの日は朝も早く目が覚めたため、京都入り。まずは赤山禅院へ。こちらは初めて
の参拝です。
 
Syugaku30001
 
比叡山延暦寺の系列で都の表鬼門を守護する方除けのお寺ださう。神仏習合が
色濃く残るお寺でもあります。
なんでも円仁が遣唐使船の帰路航路平穏を守護してくれた出港地赤山の泰山府
君の勧請を遺言。安慧が888年に創建したのが赤山禅院です。
 
Syugaku30003
 
当日は拝殿では大護摩供が行われており、結構な人が参列していました。
 
Syugaku30002
 
拝殿裏には本殿!?
 
Syugaku30004
 
お寺なんだか神社!?神仏習合というより神社ですよね。明らかに。
 
境内には摂末社っぽいお社もたくさん有り、回遊して参拝。なかなか池あり、
山ありでなかなかおもしろかったですね。
 
Syugaku30005
 
いただいた御朱印はこちら。やっぱ神社や。
 
Syugaku30010
 
ちなみに赤山大明神とは後水尾上皇命名みたいです。
 
赤山禅院を後に修学院離宮の脇を進むとすっかり牧歌的な景色が広がります。
京都市内とは思えないな。
 
Syugaku30006
 
山端をさらに進むと曼殊院にとうちゃこ。天台五門跡寺院の1つで初代門主は
菅原氏の是算国師です。
 
Syugaku30009
 
もともとは比叡山にあったみたいですが、二転三転し、良尚法親王により1656年、
現在地に移転したさうです。
 
Syugaku30008
 
良尚法親王は桂離宮を造った八条宮智仁親王の子ということで、調度などに共通点
も多々有るみたい。内部は写真撮影できませんでしたが、卍の欄間など芸を凝らした
室内は見所たくさんでした。庭園も美し。
 
Syugaku30007
 
こちらが御朱印。
 
Syugaku30011
 
ちょっと鄙を感じさせる、京都郊外の名刹。今度は修学院離宮とセットで再来したいで
すね~。
帰りは岡崎のみやこメッセに寄り道。欲しい本は見つからなかったけど涼しくて
よかったヽ(´▽`)/!
 
Syugakuin100
 

« ももクロ春の一大事2018in東近江 | トップページ | 蒲生氏と近江商人のふる里 日野町 »

神仏巡拝録」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神仏第107番 赤山禅院 第108番 曼殊院 :

« ももクロ春の一大事2018in東近江 | トップページ | 蒲生氏と近江商人のふる里 日野町 »