« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月の5件の投稿

2018年2月25日 (日)

一休さんゆかりの酬恩庵とバームクーヘン

昨日は仕事が半ドンで終了。お昼からはふと思いつきで京田辺の酬恩庵へ。田辺は
電車でよく通りますが、下車しこちらのお寺に参拝するのは初めて。
 
新田辺の駅から歩いて20分弱でとうちゃこです。途中、田辺バージョンのとびだし坊
やも発見。
 
Ikkyu001
 
酬恩庵。通称一休寺。もともとは臨済宗の大応国師(南浦紹明)が創建した妙勝
寺が前身。元弘の変で荒廃します、6代法孫にあたる一休が康正年間(1455~56)
に堂宇を再興。師恩に報いるということで酬恩庵と命名されたとのこと。
 
Ikkyu002
 
田辺のある山城南部は京都府でありながらどちらかといえば奈良的テイストがいっ
ぱいな地域ですが、このお寺は禅宗様で如何にも京都って感じのお寺。
 
整備された参道の先には前田利常の寄進した浴室がいきなりあったり。奈良には
無いもんなぁ。
 
Ikkyu003
 
さて拝観料を払い、すぐに宗純王の墓。一休さんですね。
 
Ikkyu006
 
後小松天皇の皇子ということで宮内庁の管轄。母が南朝ゆかりということで政争を
避け、6歳で安国寺に入り、その後放浪。大徳寺の高僧華叟宗曇から一休という
道号を貰い受け、晩年は酬恩庵に住み、住持となった大徳寺まで通いました。
文明13(1491)年11月21日、88歳で示寂。酬恩庵に葬られたさうです。
 
で、こちらが一休さんのお墓。
 
Ikkyu005
 
法華堂といわれ、中に卵塔があるとのこと。前庭は村田珠光の作らしい。
 
隣には庫裏と方丈があります。
 
Ikkyu007
 
こちらも前田利常の寄進。檜皮葺が美しい!
中には京都らしい庭園が。
 
Ikkyu008
 
さつきの刈り込みと白砂が美しい南庭です。見ているだけで心が休まりますね。
庭園正面の方丈には狩野探幽の襖絵と一休禅師が本尊としてお祀りされてい
ました。自身の頭髪と髭を植毛しているとのこと。まるで生きているようなリアリ
ティのある像でした。
 
境内には他にも本堂や開山堂も。開山堂は屋根の檜皮が敗れるなどボロボロ
でした。そんなお金が無いような感じもしなかたっんですがねぇ。なんとかしてあ
げてほしい。
 
Ikkyu009  
 
とんち話に因んだ施設も(^o^)。
 
Ikkyu010
 
また宝物館では一休筆の「狂雲集」や所持したとされる袈裟や髑髏面などが展示。
なかでも興味を引いたのは「葉室」と書かれた書。一休が飼っていた雀に与えた道
号らしい。なんとも愛くるしいねぇ。
 
旧墓地には戦国武将のお墓も。
 
Ikkyu011
 
信長に敗れ観音寺城を追われた承禎は甲賀に逃れ、ゲリラ戦に転じ抵抗しますが、
最後は慶長3(1598)年宇治田原で没したとのこと。北畠ファンとしてはともに反信長
派の同士で好きな武将ですが、こんなところにひっそりとお眠りになってるとは。
 
 
国民的アニメであった一休さんゆかりのお寺という割には参拝客もめちゃめちゃ
多くなく、ゆっくり参拝できる良いお寺でした。また参拝したいですね。
 
帰りは新田辺駅前のハセイチ珈琲へ。地元でも有名なお店みたいで結構人が
入ってました。開放的でオシャンティな感じ。
バームクーヘンとカフェオレを頼みましたが、なかなか美味かった。
 
Ikkyu012
 
バームクーヘンはほんのりと温かかった。しかもこれで500円とは!地元にこの
店があったら通いたいとおもいましたね。
 
良いお寺とバームクーヘンに出会える町でした。
 
 

2018年2月24日 (土)

奉祝!女子カーリング銅メダル

史上初の銅メダル獲得、ほんまに感動したo(*^▽^*)o!

本橋麻里選手、藤澤五月選手、吉田知那美選手、鈴木夕湖選手、吉田夕梨花選手
おめでとうございます!

2018年2月15日 (木)

セレブリティーと癒しの東京

東京最終日は門前仲町から。東急ステイに泊まりましたが中々よかった

ですね。別途は部屋はきれいし、広かったからね~。
近くには有名になった富岡八幡宮や深川不動尊が。ドトールで朝食後、
まあご挨拶にはいかせていただました。
 
この日は神楽坂から。友人と飯田橋で待ち合い、翔山亭へ。有名な焼肉
の店らしく、開店同時に入りましたがぎりぎりセーフでしたね。
お頼みしたのは贅沢重 松 ¥2140-也
 
Valeeve2018021
 
この味、この量、この場所でこの値段ならお安いでせうねぇ。最後はだし茶漬けで
締め、お口の中もさっぱりです。
 
メトロで四ツ谷で下車。つぎの目的地は迎賓館、赤坂離宮です。 
 
Valeeve2018022
 
迎賓館は紀州徳川家の江戸中屋敷のあった地に10年の歳月をかけて明治42
年に東宮御所としてできたさう。奈良博など設計した片山東熊によるネオ・バ
ロックの宮殿建築。戦後は皇室から国に移管され、国立国会図書館や
内閣法制局にもなったさうです。 その後、村野藤吾の設計により改修され、
昭和49年、迎賓館として生まれ変わったようです。
 
手荷物検査、金属探知を受け、入場券を購入。館内に入ります。内部はセキュ
リティの意味合いもあり、撮影は禁止。
内部は花鳥の間、羽衣の間、彩鸞の間、朝日の間などを見学できますが、
七宝に油絵、石膏の浮き彫り、更に1トンもある豪華絢爛なシャンデリアなど
贅沢の極み。
 
基本、洋風の装飾ですが、所々に兜や琵琶といった和風の装飾があしらわれ
ており、日本らしさも感じました。
入館前は1000円は高いと思いましたが、これは価値ありですね。
 
その後、鳩山記念館を見に行きましたが残念ながら休館中のため、護国寺へ。
 
途中、講談社の本社を発見。こちらもある意味、前衛的な建物。横にアネックス
の建物も有り、とりあえず会社のデカさにビックリ。出版不況とはいうけど、
講談社は儲かってるようね~。
 
Valeeve2018024
 
さて護国寺にとうちゃこ。
 
Valeeve2018025  
 
天和元(1681)年、桂昌院発願の真言宗豊山派の寺院。東京では珍しく空襲を
逃れており、17世紀末の本堂と三井寺の客殿を移築した月光殿が重文指定を
受けています。
本堂はなかで参拝もできました。
 
こちらは月光殿。徳川の葵の御紋が!
 
Valeeve2018026
 
境内には多数のにゃんこもおりました。
 
Valeeve2018027
 
喧騒を忘れのんびりできるお寺でした。
 
そんなこんなで時間切れ。
太郎、ももクロ、MJ、迎賓館といずれも非常に魅力ある人物や文物に出会うことが
でき満足満足。東京はまだまだ見どころがつきないようです。
 

2018年2月14日 (水)

ももクロくらぶ xoxo ~バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z! 2018 表

ライブまで時間があるので朝は南武線に乗り、武蔵中原へ。なんと一帯は富士通村。
まあそれだけですが、仕事柄お付き合いがあるので気になった!さて駅から歩くこと
15分で川崎市民ミュージアムにとうちゃこ。
 
Valeeve2018011
 
これに来たかったんですよね~( ̄▽ ̄)。中にはMJことみうらじゅんしの珠玉の
コレクションや芸術品の数々が展示。
Valeeve2018018
 
Valeeve2018012
 
Valeeve2018013
 
こだわり度も発想も常人を遥かに超越してる。
 
Valeeve2018014
 
MJは現在の南方熊楠!?

MJの偉大さを改めて認識した次第です。

 
Valeeve2018015
↑はかせたろうには笑っちゃいました。
 
なんやかんや見入ってしまって、お昼から金沢文庫にいく計画もあったんですが
とてもとても。時間切れです。
いそぎライブ会場のある新横浜へ。
武蔵小杉から横須賀線に乗りましたが、途中車両故障が延着。ぎりぎりの会場入
りとなりました。
 
Valeeve2018016  
 
ライブは4人体制のももクロちゃん再出発を象徴する素晴らしいライブとなりまし
たね。杏果がいなくなり歌唱の低下など心配されたけど、4人の頑張りでその穴は
十分埋まめられていました。さすが世界のももクロ!
 
ライブのセトリは下記の通り。
 
M01:猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
M02:Chai Maxx
M03:Yum-Yum!
M04:CONTRADICTION
M05:涙目のアリス (玉井詩織)
M06:太陽とえくぼ (百田夏菜子)
M07:3文字の宝物 (高城れに)
M08:だって あーりんなんだもーん☆ (あーりん)全力少女
M09:浪漫飛行 (米米CLUB 楽曲)
overture

M10:サラバ、愛しき悲しみたちよ
M11:キミとセカイ
M12:ヘンな期待しちゃ駄目だよ...?♡

M13:オレンジノート
M14:全力少女
本編終了
アンコール
EN1:行くぜっ!怪盗少女
EN2:走れ!
(ももクロ侍さんより転載)
 
ファン投票によるランキング一位は全力少女。ほんといい曲ですね。納得。他には
キミとセカイも久々に聞けてよかった。Z伝説もなんとかしてほしいな。ええ曲やさ
かい!
 
とにもかくにも元気なももクロが見れて何より!
4月は是非滋賀であいませうぞ!ももクロはフォーエバー!

2018年2月13日 (火)

げ~じつは爆発なバレイベイブ

10日はバレイベのため、1ヶ月ぶりの上洛でした。毎月やともう東京に住み
たい気分です。
さてこの日はライブ前日ということで東京漫遊記。上洛後、渋谷で下車し、
青山通を散策。とりあえずオシャンティですね~。何がどうというわけで
はないんですが~(^_^;)。
 
歩くことだいぶで岡本太郎記念館にとうちゃこ。岡本太郎の旧宅を改装した
施設で中も外も芸術が爆発してましたねw(゚o゚)w。
 
Valeeve2018001
 
Valeeve2018003
 
二階では太陽の塔の関連展示が。来月には一般公開も再開されるようでタイアップ
企画かな。
 
Valeeve2018005
 
生命の樹は知ってましたが、過去を象徴する地下空間など知らない部分
も多く興味を掻き立てられました。また太陽の塔は内蔵をもつ生き物ださう。
太郎氏は「生命の樹は太陽の塔の血流であり、内壁の襞は脳の襞だ」とい
言葉を残しているさう。開館後、是非見に行きたくなりました~。
 
Valeeve2018002
 
岡本太郎記念館のすぐ近くには根津美術館がありました。東武をつくった根津嘉一
郎の収集した国宝7件、重文87件、重美94件を含む古美術7400件を所蔵してい
ます。半端ないですねw(゚o゚)w。
 
Valeeve2018004
 
入館料は千円強と少々お高かったですが、広大な庭園も見学できることを考える
と価値有り。
館内では「墨と金」として狩野正信や江戸狩野の探幽派の絵画などが多数展示さ
れてました。狩野山雪の「梟鶏図」のデフォルメされた梟は可愛かったですね~。
また狩野派のレパートリーの広さにもビッくらポンでした。
 
Valeeve2018006
 
青山のあとは神保町にもリベンジ。前回は雪で思うように身動きできませんでした
からね~。ただ欲しい本は残念ながら見つかりませんでした。かわりに美味しい天
ぷら屋を見つけ満足。なんと江戸川乱歩も来てたみたいです!
 
Valeeve2018005
 
宿は久々の大井町。駅前にはヤマダが。確かここってももクロちゃんがももパンの
ランキング発表したとこのはず。「はじめてのももクロ」に出てたよ。
 
Valeeve2018006
 
あれから幾星霜。ももクロちゃんは大きくなりましたね。そんなこんなで1日目は
終了です。「

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »