« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の5件の投稿

2017年11月26日 (日)

関西城郭サミット2017in飯盛城「三好長慶の城」

久々に歴史シンポジウムへ出席。天大の天野忠幸氏の講演も是非
聞きたかったし、そもそも三好長慶と飯盛城も興味ありましたからね。
 
長慶の居城転移や畿内での新規武将の登用。長慶が権威付けのために守護の芥
川城に入った話など興味は尽きませんでした。
 
Chokei001
 
大東市役所に銅像が建立されたり、大河ドラマ誘致運動など長慶熱はまだまだ冷
めやらぬ感じです。
 
 

2017年11月23日 (木)

第15回関西文化の日

先週の土曜日は関西文化の日。京都横断ツアーを実施しました(^o^)。今回はこのやう
な切符を購入したので京都市営の地下鉄やバスが乗り放題です。
 
Kanbun001
 
第1霊場 大谷大学博物館。北大路下車すぐです。
Kanbun002
 
こちらは二度目の来館。顕如の肖像に始まり、江戸期の東本願寺、最期は幕末との
関係など創建以降の歴史がわかりやすく解説されてました。渉成園が家光により
賜ったとか新発見も多かったですね。
 
北大路からバスに乗り第2霊場 立命館国際平和ミュージアムへ。こちらは初めてで
す。
 
Kanbun003
 
歩いていど予想はしてましたが、ここまで展示が偏っているとは、びっくりやね(-_-;)。
いつの時代、どこの国の展示なんだかぁ(-_-;)。同じビルには孔子学院もあるし、
立命館は真っ赤っ赤。どっかの大手新聞みたいですな。
 
再び北大路に戻り、地下鉄丸太町で下車。第3霊場、益富地学会館へ。 
 
Kanbun004
 
歴史系ではなく地学系の博物館で貴重な化石や鉱物などが展示されてました。
歴史も好きやけど、地学も好きなんでね。
 
こちらはラジオ石。 かなり厚みがある石なのに透け透けなんや。他にもアンモナイト
やら蛍石にラピスラズリなど、大自然が生み出した芸術品に予想外にゲキカーンでし
たぁ。こちらはまた見に来てもいいかも。
 
Kanbun005_2
 
地学会館から丸太町の駅までで発見。
 
Kanbun006
 
おおっ、旧二条城ってこんなところにあったんですねぇ。室町幕府最期の地。さういや
現二条城は江戸幕府最期の地かぁ。直ぐ側には義輝公最期の地も。
 
Kanbun007_2
 
さすが京都。国史の歴史スポットがあちらこちらにありますね~。
 
三条の志津屋で一服し、最後の目的地京都鉄道博物館へ。道が思ったより渋滞して
おり博物館に到着したのは18:00でした。
 
Kanbun008
 
なんとこちらも17:30からロハなんです。大盤振る舞いですね、JRさん(^o^)!
 
蒸気機関車から新幹線まで53両が展示されている巨大博物館。ロハということ
もあって、たくさんの方が来られてましたね。
 
Kanbun009
 
こないだ環状線を引退した103系。しかもトップナンバーです!
 
Kanbun010
 
トワイライトを牽引したEF81に青大将EF58。かっちょいいなぁ。
 
館内に入ると581系や500系などなど。
Kanbun011
 
もう見どころはつきません。展示も工夫が凝らされており、鉄ちゃん以外の方も楽しめる
作りとなっていました。
 
Kanbun012
 
ただ車両の内部には、あんまり入ることができないのがちと残念。
 
Kanbun013
 
クハネ581の寝台。昔熟睡できず苦痛だったのも今となってはいい思い出。
 
説明板をゆっくり読んでいたら、1階見終わった段階で、なんと閉館10分前。残念
ながら2階の鉄道遺産をたずねてなどの特別展や3階のスカイテラスはサラッと流
し時間切れとなりました。これはまた来年リベンジかな!
 
そんなこんなで関西文化の日は終了。益富という意外な掘り出しものもあったり、
充実した1日となりました。また来年。

2017年11月12日 (日)

生駒山麓で懐かしき車両と遭う!

一昨日は入江泰吉旧宅と正倉院展、昨日は龍谷ミュージアムの地獄絵ワンダーランド
展と南船北馬。
 
金土に豪華ランチとディナーで散財したんで、けふは一転地元の生駒山麓公園へ。
高校以来の訪問。ポケハントも訪問の理由やったんですが、一番の目的はこちらの
物件です。
 
Cablec001_2
 
Cablec003
 
生駒鋼索線コ1型です。生駒ケーブルといえば、1918年開業の日本最古のケーブル。
こちらの車両はそれから10年後、最初の車両の部品を使って製造された車両で
2000年までの82年間、現役で働いてきた車両ですw(゚o゚)w。
小生にとって生駒ケーブルといえばこの車両。色は青色でしたがね。正直今のブルや
ミケはどっぴき(;´∀`)。先頭に貨車をつけて走っていたのが懐かしいなぁ・・・。
 
内部も見学できます。一部椅子が取り外されるなど、改造されていましたがほぼ原
型かな。 
 
Cablec002
 
椅子も木造。屋根には扇風機と時代を感じさせてくれました。
 
近代化産業遺産にも指定されるこの車両。郷土の大切な遺産として大切に守り継い
でいきたいものです。

2017年11月 5日 (日)

BKワンダーランドから京都秋の古本まつりと真如堂

といえばBKワンダーランド。1年は早いね。せっせと上本町から歩いて馬場町の
BKへ向かいました。
 
今年はスタンプラリーが実施されており、4箇所回って記念品と引き換えの方式。去
年はたしかお土産がなかったから、手間やがちと嬉し( ^ω^ )!
 
T1スタジオの4箇所の見学など済ませ、スタンプをゲット。
 
Bk29001_2
 
中には一人で何枚ものスタンプカードに判子を押して注意されてるおばはんもいた
なぁ。後ろに行列できてるし、ほんま迷惑なババアや(`◇´*)。
 
Bk29001
 
さて景品は、「わろてんか」のクリアファイルでした。まあお家にいっぱいファイルある
んやけどかさばらんし、いいかぁ。
 
無事はがきとお土産をゲットしたBKから京阪天満橋まで歩き、京阪電車で一気に
出町柳へ。今日2つ目のスポットは百万遍知恩寺です。この日は古本まつりが開
催されており、それを見たかった次第。大阪の古本市はよく行くけど京都はめった
に行かないですからねぇ。新たな発見もあろうかと!
 
Bk29002
 
規模こそは四天王寺さんの半分くらいでしたが、普段見慣れない書店が殆どのた
め、結構掘り出し物がありました。ただ値段と折り合いがつかず今回は諦めちゃ
いました。あとオークションも開催されていたりとなかなかおもしろかったですね。
また来たい!
 
京大の脇を歩き、久々に吉田神社を参拝。飛神明で伊勢神宮を激怒させたお社で
す(^_^;)。まあ吉田兼倶は商売上手やったんでせうなぁ。こちらが大元宮。
 
Bk29004
 
吉田山を下ると真正極楽寺にとうちゃこ。通称真如堂です。真如堂は永観2(984)年
に叡山の戒算上人が叡山常行堂にあった阿弥陀如来像を当地に祀ったことに起源
を持つ天台宗のお寺。応仁の乱の戦災にあい、時基を穴太などに移しますが、元禄
6(1693)年に東山天皇の勅許をえて現在の地に再興されました。
 
Bk29003
 
こちらは文化14(1817)年に再興された三重塔。紅葉も少しですが、色づき始めてま
したね。神仏霊場にも入ってるんで御朱印もゲットです。
 
Bk29005
 
無量寿。阿弥陀様の寿命が無限であることから阿弥陀様を意味しているとのこと。
さて参拝を終え、黒谷を経て三条へ。高山彦九郎の土下座像でエンテイをゲットし、
志津屋で一服( ´ー`)y-~~。
 
色々な収穫を経て、奈良に帰りました。それにしても帰りは寒かった。もう冬は
すぐそこまで来ているようです。

2017年11月 4日 (土)

亀岡~門真ワールドツアー

昨日は亀岡へ。京都縦貫道で高速を降り、摂丹街道を行くことしばらく山の中に突如
現れたのはドゥリムトン。英国のカントリーサイドを再現したレストラン兼宿泊所です。
レストランの受付が関所となっており、こちらで食事を注文すると入国することができ
ます。
 
Pontoak001
 
驚くほどよくできています。英国は行ったことないけど、地方はこんな感じなのかぁ。
放し飼いの羊がいたり、牧歌的な景色で癒やされます(o^-^o)。
で、こちらがレストラン。
Pontoak002
 
内部も調度など凝った作りに感心しちゃいました。メニューは英国ならではのフィッシュ
&チップスやミートパイなど。けどどちらもあんま好きやないんでローストビーフ、
2200円を注文。
 
Pontoak007
まあ普通に美味しかったけど物足りなかったかも。ガーリックトーストもう1つくらい
あってもよかったな。あとスープとかも欲しかった。
まあ値段は、入国料が加味されていると思えばまあ納得はできますがね。
 
さて英国を後にし、関西のマチュピチュもちょっとだけ(^_^;)。
Pontoak003
 
噂には聴いていましたが、なかなか圧巻でしたね(^_^;)。別に見るところもないので、
山をくだり、茨木の市街地に突入。次なる目的地は辯天宗冥應寺です。
 
辯天宗は宗祖智辯が昭和9年に弁財天の天啓を受けて、昭和27年に立教した仏教
系の新宗教。本拠は五條市で、智辯学園は高校野球で有名ですね。まあ奈良では
進学校としても著名。
 
Pontoak004
 
こちらは水子供養塔とのこと。73mの塔で、壁面には2万5千枚のカラフルなタイル
が貼り付けられキラキラ輝いていました。地下には水子の位牌が奉安されていま
した。
 
また隣にはこんなものも。人気のない空き地の中にいきなりどどーん。
 
Pontoak005_2
 
万国戦争受難者慰霊塔とのこと。なんかUFOみたいな怪しい建造物ですが・・・。
♪戸締まり用心火の用心~の笹川良一やカーター元米大統領のメッセージがあ
ったりとどこまでも不思議な塔でした。
PL教もさうですが、新宗教は特徴的な建物が好きですね~。まあだから見に来る
わけですが。
 
帰りは刀削麺が食べれるということで門真の中華料理のお店に。麺を刀で
さっさっさと切り、鍋に落として茹でるやつです。実演が見れるのかと思いきや、
こちらは機械でした(^_^;)。まあ刀削麺はほうとうみたいな感じで、もっちりしていて
なかなか美味しかったから良かったですが。柚子がアクセントとなり、さっぱりした
スープも○○○。ごちさうさまでした。
 
Pontoak006
 
そんなこんなで、英国、マチュピチュ、中国と世界を股にかけたワールドワイドな1日が
終了。発見の連続に興奮しっぱなしでしたね~。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »