« 南山城の名城に登る! | トップページ | 「駆込み女と駆出し男」 »

2015年5月20日 (水)

知多にゃんこワンダー!

4日は京都そして5日は愛知へ。名古屋までは近鉄の急行で向いましたが、中川から

がしんどいですね。あそこから70分は5200系でもちとキツイ。それなりに車内も混んで

いますから。すでにかなりくたびれながらも10:30前に名古屋に到着。大曽根で大学時

代の友人と落ちあい、車でいざ出発です。

 

けふの予定は日間賀島でタコを食べ、帰りは野間大坊に参拝するというプランニング

でしたが、GWのためか道は混み、日間賀島の渡船港のある師崎へはまだまだ時間が

かかりさう(^_^;)。朝早かったため、既にお腹はペコペコ。とてもじゃないけど日間賀島

まではもたぬ~ということで島は早々に放棄。野間大坊をメインに、常滑に立ち寄るこ

とにしました。

 

常滑市街に入るとなんか駐車場は大混雑。また多くの観光客らしき人が多数歩いて

います。常滑焼は知ってましたが、この街がこのやうな観光地とはつゆ知りません

でした。なんとか駐車場に車をとめ、取り敢えずはオシャンティなレストランでお腹を

満たしました。

町を歩いてみると壁面に焼酎瓶や土管を埋め込んだ土管坂など確かに見所が多い!

Tokoname27001

 

Tokoname27002

一帯はやきもの散歩道として整備され、その所々に黒塗りの旧家や煉瓦造りの窯と

煙突がある風景が広がり、実に味わいがあります。 

Tokoname27014

また散歩道には隠れ家的なギャラリーやカフェーがあるなど見るだけでなく、買ったり

味わったりとある意味観光地として完成されていましたね。

Tokoname27003

ただ町並み整備はちと中途半端な感じでもう少し統一感をもって整備すればもっと

風情があったのに。また常滑はINAX発祥の地でもあり、もち施設のトイレは

INAX製でしたわ。

さてそもそも常滑にわざわざ立ち寄ったのは実はこちらを見学するため。

Tokoname27004

その名もとこちゃん。旅のバイブル、ワンダージャパンの表紙にもなったスポットです。

これが見たかったのだぁ!

常滑は招き猫の産地で二頭身のふっくらした体つきに小判をもつのが特徴らしい。

招き猫の典型が常滑にあったんですなぁ。

とこにゃんの右前には二匹のねこちゃんがとこにゃんを眺めていました。さらに

とこにゃんの裏に回れば・・・(@_@;)ハッ!

Tokoname27005

薄っぺら(^_^;)。とこにゃんも常滑の町を十分に堪能したところで、いざ野間大坊へ。

国道も途中から片道1車線になり町並みも途切れ田舎に突入。美浜町に入ってまもな

く野間大坊こと大御堂寺に到着です。

 

創建は天武朝と言われ、行基が中興。平安時代には白河天皇の勅願寺になるなど

かつてはかなりの寺勢を誇った名刹です。

客殿は伏見城の一部を寛永年間に移築したもので本尊は延命地蔵菩薩とのこと。

Tokoname27006

境内は広く悠紀殿や尾張地方最古の鐘を持つ鐘楼堂もあります。

Tokoname27007

そしてその隣りに建つのが宝暦4(1754)年に再建された本堂。

Tokoname27008

本堂入り口のの脇に「源」の幟がみえるやうにこちらは源氏縁の地。

Tokoname27009

というのもこのお寺には鎌倉初代将軍源頼朝の父君、源義朝のお墓が有るのです!

Tokoname27010

平治の乱で敗れた義朝は敗走中、家人であった長田忠知の居館に入りますが、入浴中

その裏切りにあい、殺害されています。なお殺害された際、木刀の一本でもあればこ

のやうにむざむざ殺されることはなかったと伝承されたことから、現在お墓には木太

刀が多数奉納されていました。また脇には織田信孝のお墓も。

Tokoname27011

信孝は賤ヶ岳の戦いにより、盟友の柴田勝家が死去したことにより、次兄の信雄に

降りますが、進退を迫られ迫られて塔頭の1つ南之坊(現安養院)で自刃。その辞

世は「昔より主うつみの野間なれば報いを待てや羽柴筑前」!

昔より主うつみの野間とは義朝のことを言っているわけです。義朝、信孝二人の

怨念が渦巻く野間大坊でありました。帰りには安養院にも参拝。

Tokoname27012

信孝の恨みから四百数十年、境内はひっそりし、リアル猫ちゃん納経所の番をする

など太平の時代に生まれてほんとよかったと平和な現在に感謝した次第です。

Tokoname27013

締めは友人と徳川園近くの清月で鰻をいただきましたがこれが絶品!名古屋はひつ

まぶしもさうですが鰻のレベルは高いですね。タコは食べれなかったけど、美味しい鰻

に舌鼓をうつことができたので満足。また猫狂としては色々なかわいい猫ちゃんに

出会えたのもよかったぁ。帰りは特急で悠々とかえりました~。

« 南山城の名城に登る! | トップページ | 「駆込み女と駆出し男」 »

私の大旅行記」カテゴリの記事

ワンダー紀行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知多にゃんこワンダー!:

« 南山城の名城に登る! | トップページ | 「駆込み女と駆出し男」 »