« 伏見からハルカス | トップページ | AE武州征伐2014[二日目-立川編] »

2014年4月29日 (火)

AE武州征伐2014[一日目]

2度目のAEイベントで1か月ちょいぶりの上洛。今回もジェットスターで成田より東京

入り。さすがにこのルートも3度目、ようやく慣れてきたところ。さてコンサートは翌日

なんで25日(金)は東京見物。アクセス特急と山手線を乗り継ぎ、池袋へ向かいます。

なぜブクロか!?それは以前よりずっと気になってたけどいけへんかった立教大学に

行くためです。

Edogawa006

うーん、オシャンティ!大学の建物もさうやけど、学生のねいちゃんも垢ぬけているね。

さすが東京、しかも立教ですわな。私のいってた田舎の大学なんて女の子は、基本ノー

メイクにジーパンでしたから。色気もなんもあったもんじゃないわ~(-_-;)。

 

さてなぜ立教大に来たかといえば、この大学、私の大好きな作家、江戸川乱歩の旧宅を

管理しているんですな。もらったパンフレットによれば、乱歩は昭和9年よりここに居を

構え、40年に没するまでの後半生を、ここで過ごしたとのこと。乱歩作品の多くがここで

生まれたわけですわ。ゲキカ~ンじゃないですかぁ。

Edogawa001

いたって今風といえば今風、いや確かに昭和風ですがいい感じ!うらに回れば居間を

外からですが見学できます。

Edogawa002

乱歩の肖像などもありますね~。また母屋の窓際には乱歩の色紙やレプリカですが原

稿なども展示されています。

Edogawa005

そして最大の見どころが幻影城という名を持つ土蔵で内部には乱歩所蔵の資料が

保管されていました。

Edogawa003

残念ながら内部に入ることはできないので、ガラス扉越しからの見学となりますが、

書架にはなんかよくわからない洋書から 夏目漱石全集などの小説まで幅広い資料が

保管されていました。古書好きには生唾物の一級品ばかりなんでせうねぇ。

Edogawa004

さてなぜ立教が乱歩の屋敷を保存することになったのかと疑問を感じ、係員の人に聞い

てみると、そもそもは豊島区に売却されるはずが、遺族と値段の面で折り合いがつか

ずいたところ、立教大の教官に乱歩の息子!?さんがおり、その縁で大学が所蔵する

ことになったとのこと。なんか意外な回答にちょっとびっくりでした。

 

 

そんなこんなで見学も終了し、池袋駅に戻ると西口で古本市が開催されているじゃな

いですかぁ。私も大の本好きですからじっくりそれを見ていたら、いつの間にかいい時

間。おなかも減ってきたことやし、とりあえず池袋から中央線の快速にのり、けふのお

宿のある立川に向かいました~。さて明日はFCイベント、けふは早く寝て明日に向け

て充電しないとね。

つづく。

« 伏見からハルカス | トップページ | AE武州征伐2014[二日目-立川編] »

ももクロと音楽」カテゴリの記事

私の大旅行記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AE武州征伐2014[一日目]:

« 伏見からハルカス | トップページ | AE武州征伐2014[二日目-立川編] »