« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の8件の投稿

2013年12月31日 (火)

ももいろ紅白2013だZ!!

マー君からの~、走れ!でしたか!一瞬、DNA狂詩曲も頭によぎったのですが・・・。

けど走れ!も大好きな曲なんで大満足。惜しむらくはちょっと時間が短すぎたかな~。

もうちょっと聞きたかったわ。 

 

来年も今年の衣装みたく太陽のようにキラキラ輝く存在であっていただければと。今年1年

お世話になりました、そして来年もよろしく(^O^)。

(追記)副音声、ももたかぎだったさう。聞き忘れた~(;´д`)。

2013年12月30日 (月)

BEAUTIFUL Lady & TELEVISION

2月号を(σ゚д゚)σゲッツ!!またまた中部版。たまには担当地区、シャッフルしないのか

ねぇ。近場では全国版売ってへんから他地区のゲットするの苦労しますわ。いっそしおりん

に推し変するかぁ(^-^;。

Blt2602

明日はいよいよ紅白です!「ももいろ紅白2013だZ!!」とは是れ如何に?前半はgounnで

後半はZ伝説あたりか!?個人的にはDNA狂詩曲が聴きたいが・・・。まあいずれにせよ

楽しみですね~(o^^o)。

2013年12月28日 (土)

ももクリな武州征伐!第3日(12/24)

旅3日目、この日は都電荒川線で出発です。これに乗るのは始めてなのね~。東京にも

かういったものが走っているのは意外です。大塚から都電雑司ヶ谷まで乗っただけやが

殆ど専用軌道なのね。さて雑司ヶ谷駅から西に歩いてすぐけふ第一の目的地天狼院

書店に到着。

Tokyonarita001

9月に開店したさうで枠にとらわれない攻めの書店として新聞に取り上げられていたので

本好きとしては是非来たかったのだ。

内部は50平米と小さいがいろいろな工夫が。ソファーがあったり、炬燵!があったり。

Tokyonarita002

おいている本も明らかに玄人ごのみのものが置いてました。奥には「必要と出会う」とい

う名著の文庫本のコーナーも。ただこちらの書架、重さに耐え切れずしなっていました

ね(^_^;)。

カバーもこっているということなので1冊買って帰りました。図書カードが使えないのが

ちょっと残念でしたわ。

 

池袋まで歩き、山手線で東京駅へ。次は丸の内タニタ食堂。12時前ですが既に行列。

ただ回転が早くすぐに着座できました。日替わり定食を食べましたが、ちょっと味が

薄いですな。まあ健康のためにはいいのかもしれませんが、なれるまでちょっと時間が

かかるかも~。

P1000451_2

東京駅に戻り総武線ホームから成田へ。総武線といえば「きみゆき」ですね!雪はふって

いませんでしたが・・・。車両はE217系。セミクロス車両というのが特徴的。関東の車両

はロングばっかで面白みにかけますからね。たまにはかういうのもいいが、やっぱり快適

な転換クロスが欲しいところ。

Tokyonarita013

走行中左手にはスカイツリーや右手には中央線に乗り入れる総武線が。首都圏は色々

な路線に乗り入れており実にややこしい。複々線なんて当たり前やしね。途中船橋で

京成に乗り換え、成田で下車。成田山新勝寺へ昔ました。

   

参道は賑やか。なんか石切さんみたいな感じです。味のある建物もあったりして、歩いて

いるだけで楽しいですわ。

Tokyonarita012

歩くこと約15分で総門に到着です。こちらは新しく平成19年に完成したものです。

Tokyonarita003

新勝寺は平将門を調伏するため、朱雀天皇の命を受けて寛朝が空海作の不動明王と

共に成田に下り、護摩修行満願の日に乱は平定されたといいます。寛朝は帰京しよう

としますが不動明王は動かず、この地に一堂を構えたのがはじまりです。

階段を登ると仁王門が。文政13(1830)年に建造された重文建築。

Tokyonarita004

門をくぐれば広大な境内地が現れ巨大な大本堂が現れます。こちらも新しく昭和43年に

完成したもの。

Tokyonarita005

すっかり正月仕様。たしかこのお寺は初詣参拝者では寺院では一位ではなかったかな?

この大きさをもってしても正月は大混雑するんだらうねぇ。

右手には三重塔が。正徳2(1712)年につくられたもの。極彩色が鮮やか。これは昭和56

年からの修理工事で江戸末期の古文書をもとに復元したものださう。

Tokyonarita007

宇治の平等院もこんなふうになるのだらうかぁ!?良いのか悪いのか!?

境内にはこんなものも。

Tokyonarita008

こちらもお正月用ですね。その左手には釈迦堂が。大本堂の建設にあたり、この地に

移築された前の本堂ださうです。本堂があるのに建て替えるって凄いなぁ。それにしても

現在のと規模が全然違うわ~。

Tokyonarita009

壁面の五百羅漢や二十四孝の彫刻が実に素晴らしかったですな。これは必見です。

Tokyonarita014

その奥には光明殿があり、なんとこちらも釈迦堂が出来る前の本堂ださうです(^_^;)。なん

かすごいなぁ。また何百年後かには大本堂に変わる本堂が建てられるのかもね。

時代は繰り返すのですかね。

Tokyonarita010

これら2つの旧本堂はいずれも比較的建築年は新しいけど重文指定を受けています。

境内はかなり広く、奥の院へと続きます。そして一番奥にあるのが大塔でこちらは昭和

59年に建立。

Tokyonarita011

内部にも入ることができ、1階は霊光殿として新勝寺の歴史や市川團十郎関連の資料を

展示。そもそも團十郎が成田屋を屋号としたのは、男児の誕生をこの新勝寺に願ったと

ころ、無事預かったことから篤く信仰するやうになったとのこと。重文の額堂にも團十郎

の石像が安置されてました。2階は明王殿で不動明王などが安置されていました。

正直、30分もあれば拝観は十分と思ってましたが、結局50分でも足りず、飛行機の時間

もあり、慌てて成田駅に引き返しました。

 

少し早めに空港についたので、第一ターミナルを見学して、さて検査場に入ろうとしたら

ジェットスターは第二と言われ、大慌て。第一と第二って思ったより遠くて最後はバタバタ

になりましたわ(^_^;)。そんなこんなで3日にわたる武州征伐は終了。

涙のももクリにゲキカンし、川越の町並み、そしてパワースポットの成田山は想像以上に

満足いくものであったりして、1年の締めに相応しい満足満足の旅でした。来年はどんな

旅が出来るか楽しみですね。

2013年12月27日 (金)

ももクリな武州征伐!第2日其の弐(12/23)

本川越駅から西武線に乗ります。途中所沢駅で乗り換え。池袋線のホームに行くとモノノフ

だらけだぁ(^O^)。西武球場前で下車すると駅前は大混雑。もう何が何だかわからない。

テシロパークでガチャポンとかショップに寄ろうとしたがとてもじゃないけど、近づけない!

これでは、いつ入場できるかわからないんで寄り道は断念し認証を受けドーム入りです。

Kawagoe015

確かに壁面は吹き抜けですが思ったより寒くは無いですね。これならなんとか美しき極

寒の世界を乗り切れさうです!

White Hot Blizzard MOMOIRO CHRISTMAS2013 は35分おしで開演しました。

Whitehot
セトリは下記のとおり。

~オープニングVTR~
01:僕等のセンチュリー
02:ミライボウル
03:労働讃歌
04:サラバ、愛しき悲しみたちよ
~MC:自己紹介~
05:GOUNN
06:猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
07:空のカーテン
~VTR~
08:Twinkle Wink! / Twinkle5
~MC~
09:DNA狂詩曲
10:仮想ディストピア
11:きみゆき
~MC~
12:鋼の意志
13:Chai Maxx
14:走れ!
~VTR~
15:サンタさん
~MC~
16:泣いちゃいそう冬
~MC~
17:いつか君が
18:全力少女
19:行くぜっ!怪盗少女
20:白い風
~MC:挨拶~
【アンコール】
~overture~
21:黒い週末
22:灰とダイヤモンド
~MC~
23:愛のメモリー/松崎しげる(2013.03.15&16 春の一大事in国立競技場発表 )
24:あの空へ向かって
25:赤鼻のトナカイ
26:スターダストセレナーデ
~MC:挨拶~
 
2日前にNHKでももクロちゃんたちが生放送に出演した時に、あーりんの声が明らかに
 
低く、風邪かな~と心配していたのですが、元気いっぱいで一安心でした。流石佐々木
 
プロですよ。曲目としては「きみゆき」が聞けたし、れにちゃんの進化するマジックは、
 
すんばらしいの一言に尽きるし、overture は何度聞いても血湧き肉踊りますね。
 
 
 
マッジックの時に体を切断する鉄板が出てきたのですが、それを持ちながら「テッパン
 
です!」という杏果がむちゃむちゃ可愛かったですわ。
 
そして今回の最大の目玉が、愛のメモリーにのせての来年3月の国立競技場でのコン
 
サート開催が発表されたことでした!これは流石に驚きましたよ。ちょっと早すぎね?と
 
も思ったんですが、みんな泣いてたよな~ヽ(;▽;)ノ。私としてはその次はどうなるのか
 
嬉しい気分に浸りながらも色々考えちゃいましたよ~。
 
リーダが最後にモノノフたちに言ったみんなでありえないところまで進んでみません
  
か?」というメッセージも心にじーんときました。
 
あと今回のコンサートでバラード系の曲の良さを改めて感じましたね。夏のバカ騒ぎと
 
違ってももクリはかういうしっとりとした曲がいいのかもしれませんわ。
 
 
 
かうして満足度200%のももクリは無事終了しました。ライブは20:30に終わりましたが、
 
列車が動いたのが22:00(^_^;)。西武ドーム、いろんな意味で侮れませんわ。
 
とりあえず来年の国立は何が何でも行かねばね!仕事が繁忙期に入りますが、こればか
 
りは譲れませんぞ。とりあえずチケット絶対当たりますように!南無ももクロ大菩薩、願わ
 
くばその功徳を持って我にチケットを与えたまへ~!つづく。

2013年12月26日 (木)

ももクリな武州征伐!第2日其の壱(12/23)

第2日目は川越スタートです。街を歩いていると意外と都会なんですな、川越って。帰って

からネットで調べてみると人口は35万人、そりゃ都会だわ。奈良市とかわらへんのね。

なるほど納得です。さてホテルから歩くこと20分程度で川越一の観光スポット一番街に到

着です。一帯は伝統的な蔵造りの建物が立ち並びます。

Kawagoe003

この蔵造りは意外と新しく明治26(1893)年の大火後に作られたもの。観音開きの扉

は火災時には外から閉めて、更に土で隙間を埋めて、火の粉が屋敷内に入らないよう

にしたさう。また屋敷内の蔵は北には窓がなく、すべて南面しています。これも火災発生

時に北風による火の粉の侵入を防ぐ工夫ださうです。よくできています。

Kawagoe002

洋館は埼玉りそな銀行。前身は埼玉初の国立銀行です。蔵造り以外にも味のある建物

が市内には点在していました。明治から昭和のレトロな雰囲気がいっぱいで見所は

つきませんわ。

Kawagoe001

川越のランドマークともいえる時の鐘も。

Kawagoe004

古い町並みを堪能し、一番街から進路を東にとると川越城内に入ります。平城で周りに

堀や川を巧みに配置した天然の要害でしたが、現在堀の多くは埋め立てられており、全然

城内にいるっていう感じはまったくありません。唯一その遺構が残っているのがここ。

Kawagoe005

中ノ門堀です。かつては二層の櫓門が建っており本丸に侵入する敵勢をここで防ぎ

ました。川越城は扇谷上杉持朝が長禄元(1457)年に太田道真、道灌父子らに建て

させた城で、その後北条氏の手により落城します。これを奪還するため上杉憲政、朝定

そして足利晴氏らの連合軍は城を囲みますが、城主の北条綱成は奇襲でこれを敗走

させ窮地を脱しました。河越夜戦です。中ノ門を過ぎるとまもなく本丸御殿に到着します。

Kawagoe006

唐破風が大きく東日本では唯一現存する御殿です。さて北条氏が秀吉に降り、家康が

関八州を統治するやうになってからは、酒井氏、堀田氏、そしてその後は知恵伊豆とし

て有名な松平信綱が入り、近世城郭としての体裁を整えました。松平氏の後は柳沢吉保、

秋元氏、松平氏などが入り幕末を迎えています。その名前から見てもわかるように川越

藩は実に多くの老中を輩出しているわけで。それだけこの地は幕府にとって重要なもの

であったことが伺い知れますね。本丸御殿の内部はこんな感じ。

Kawagoe007

現在残っているのは往時の1/8くらいでせうか。けど御殿建築って珍しいんで感動も

ひとしおですね。広間は36畳もありました。因みにこの御殿は明治よりは県庁や

工場、そして武道場などとして転用され、昭和42年に大修理を行い、現在に至っていま

す。近くには富士見櫓の櫓台跡や「とうりゃんせ」の童謡のもとになった三芳野神社など

もありました。そんな中みつけがのがこれ。

Kawagoe008

霜柱ですが、1つ1つが凄く長くて量が半端ない。こんなの始めてですわ。なんか感動

しちゃった。埼玉の寒さを如実に示していますね。奈良でもここまでのものはお目にか

かったことはないですもん。御殿見学後は市立博物館そして蔵造り資料館も見学しまし

た。三館共通チケットがあったんでね。そして次の目的地の喜多院へ。

Kawagoe011

通称川越大師。天長7(830)年円仁により創建され、その後、関東での天台宗の中心

寺院として成長。天文6(1537)年には戦乱で堂宇は焼失するが、天海が再興。仏蔵院

北院を喜多院と改めています。

Kawagoe012

客殿と書院は江戸城紅葉山の別殿を移築。ゆえに内部には家光誕生の間や春日局の

間も残っていました。特に家光の間の格天井は素晴らしかった。

他にも多宝塔、慈眼堂、鐘楼門、日枝神社などいずれも重文指定されており、埼玉の

法隆寺といったところでせうか。

Kawagoe009

慈恵堂はすっかり正月仕様でしたね。境内には仙波東照宮もあり、こちらはなんでも

日光、久能山と合わせて日本三大東照宮の1つとのこと。たしかに彫刻とかは素晴らし

かったし、ずんぐりとした灯篭もよかった。なんやかんや見所が尽きず意外と時間を

くちゃいましたよ。それだけ魅力ある寺院ってことですね。

Kawagoe010

そんなこんなであれこれしているうちにライブまであと1時間半となりました。西武の本

川越駅から西武ドームにいよいよ出陣です。つづく。

2013年12月25日 (水)

ももクリな武州征伐!第1日(12/22)

ももクリのため上洛です!久々の関東です!今回はジェットスターで関東入りしましたが、

成田って、東京からメチャ遠いのね。

Hikawa0008_2

難波-関空の距離でもどうかと思ってたから、正直びっくりしたわ(;´д`)!距離だけの

こともあって京成やJRの値段もなかなかのものやから、せっかくのLCCの速さ、安さのメ

リットが少なからず損なわれていたかな!けどまた使うと思うけど。

 

 

それはさておき、まずは大宮を目指しました。ソニックシティのさいたま鉄道模型フェス

タへ。ここでどうしても見たかったのが、ビバン模型製作所のNjゲージなるもの。

サイトは拝見してたんやが、実物をどうしても見たくてね。

Njゲージとは簡単にいえば、日本のNゲージは1/150で、新幹線のみ国際標準の1/160。

これは国鉄車両が狭軌のため、1/160では線路と車両のサイズが合わない。そこで1/150

にしたらしいが、それでもまだ9mmでは線路幅は広すぎるのね。ならNよりZのほうが

正確なサイズではないが実際には近く、Zゲージ上でNゲージを走らようというもの。

模型店の方に色々話も聞かせてもらい目から鱗の思いでした。お店が土佐堀にあるらし

いからまた見に行きたいと思った次第。

 

 

ソニックシティをあとにし、次の目的地へ。大宮駅を反対側にわたり、東に歩くと氷川神

社の参道にたどり着きました。延々と北に伸び、真ん中は遊歩道になってます。

一の鳥居はより南側の新都心あたりからあるらしいけどそちらは割愛。直線に伸びる道

を行くと石碑がありました。

Hikawa000

一の鳥居の近くには江戸時代に作られた石碑もあるさうです。さて氷川神社は今から

約2000余年前の孝昭天皇の御世に創建された古社で祭神は須佐之男命、稲田姫命、

大己貴命の三柱で、大己貴命は大国主命とも同体とされ、氷川という地名も出雲の

斐川から来ているとか。景行天皇の時代には日本武尊が祈願してるし、その後は、

出雲族の兄多毛比(えたもひの)命が武蔵国造となり奉斎している。その後は一宮と

なり、延喜式には名神大社にも列し、鎌倉、足利、徳川などの武家の崇敬社ともなりま

す。上記の写真にもあるやうに明治4年には官幣大社になってます。まあ関東一格式の

ある神社といって間違いないでせう。

Hikawa001

三の鳥居を抜け境内地に入ると社務所や神楽殿、額殿などがあります。

Hikawa006

境内は街中にあるにも関わらず実に深閑としていますわ。参道を行くと神橋があり、先に

ちらっと楼門が見えます。近くで見れば朱が鮮やかでまた周りの緑に溶け込み、なんとも

厳かな雰囲気。いいですね。the日本!って感じ。

Hikawa002

楼門をくぐれば舞殿が建ちます。

Hikawa003

そしてその奥には拝殿が。現在の拝殿、本殿、楼門などは昭和15年6月30日に国費を

もって竣工しています。国家の威信をかけて造営された大社ですね。

Hikawa004

4時過ぎ参拝しましたが、老若男女多くの方がお参りされてました。氷川神社が、地域に

溶け込んだ神社ということがよくわかります。また氷川神社で感じたのが、多くの参拝者

が鳥居の前でちゃんと礼をする方が凄く多かったことです。これはある意味新鮮でした。

 

 

境内には他にも多数の摂末社があります。

Hikawa005

向かって右が御獄神社、左が門客人神社。御獄神社は関東では多いですね。うちの

近所ではないですもん。ほかには石上神社もありました。これは珍しい。

最後に今回ゲットした御朱印。

Hikawa007

さわやかな筆致ですねぇ。あと授与所の巫女さんがメチャメチャ別嬪さんでしたわ。いろん

な意味で納得いや満足のいくお社でした(^O^)。けふのお宿は川越です。大宮駅の駅中で

パスタを食べて川越線で川越に向かいました~。つづく。

2013年12月15日 (日)

籔内佐斗司展「やまとぢから」から大学ラグビー

土曜日は奈良県立美術館へ。籔内佐斗司の特別展をロハチケットで。

正直あんまり興味なかったけど藪内先生は奈良とは切っても切れない関係なんでね。

童子作品のレパートリーの予想外の多さはびっくりしましたが、1つじっと見入ってしま

った作品が、これ。

Yabuuchi001

ぶきみなんやが、なんともいえんその魅力にすっかり引き込まれました。徳島県立近代

美術館所蔵でタイトルは「あ」。あっと驚く為五郎でせうか?いや女性ですよねぇ。

徳島は人形浄瑠璃で有名ですから、木偶人形のイメージかしら。説明書がなかったので

よくはわかりませんが、後ろ髪を引かれる思いであとにしました。

 

そしてけふは花園へ。大学ラグビー選手権ですが、結果はしたのとおり。

P1000429

また来年といったところですかね・・・(;´д`)。

2013年12月 1日 (日)

三瀬詣で大発見3連発

1年ぶりです!久々に旧知の友人と訪れました。毎年変わらぬ風景なんやが今年はいろ

いろ新発見が!

1つ、幟があった(v^ー゜)ヤッタネ!!!

Miseya001

ついに大台町も卿の顕彰に力を入れ始めてくれはったんですね!どうでなら、ゆるキャラ

とかも作って欲しいぞo(*^▽^*)o。

Miseya003

2つ、胴塚の石碑が新調されていた(v^ー゜)ヤッタネ!!。

史跡保存会よくやった(^-^;!438回忌の卒塔婆も新調されてました。年々胴塚も整備さ

れつつあります。

Miseya002

3つ、伊勢国司北畠具教史跡地図なるものが配布されていた(v^ー゜)ヤッタネ!!。

Miseya004

中は三瀬谷の卿ゆかりの地が紹介されていました。

 

 

大台町の卿にかける並々ならぬ意欲を感じることができました。さういや来週は歴史ウォ

ークもあるみたいですし。今後の展開が楽しみですね。来年来た時には博物館とかでき

ていると嬉しかったりするけど、さすがにそれはないか~。

それはさて置き、嬉しい発見の連続に久々に欣喜雀躍した1日でした。また来年。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »