« A-rin`s Party!復命報告!【横浜の旅1日目】 | トップページ | 横浜セントラル悠々そして原信太郎氏に脱帽!【横浜の旅2日目②】 »

2013年5月30日 (木)

三渓園にゲキカ~ン!【横浜の旅2日目①】

2日目は、横浜観光。実は横浜はじめてなんやね。とりあえずは

以前より行きたかった三渓園。

しかし遠いは、三渓園。横浜駅からバスで30分以上、しかもバス停

から徒歩で5分強い。駅から40分近くかかりましたよ。けどそれだけ

時間をかけて行った価値はありました!今まで訪ねた庭園の中でも

3本の指に入る名園です。

 

 

三渓園は明治末から大正にかけて生糸貿易などで財をなした原三

渓が作庭したもの。元は義祖父の原家初代が周辺の土地を買収し、

義祖父の死後造園に着手しています。広さは約175,000平米で1906

年には外苑を一般公開ました。三渓は1939年に亡くなりますが、

戦災の被災からの復旧など三渓園は、三渓の志を継いだ人たちに

より支え続けられ、現在は国の名勝にも指定されました。

 

この庭園の最大の魅力は園内に多数の古建築が存在すること。

なかでも一番この庭園の景観を引き立てているのが、旧燈明寺

三重塔です。園内のどこからも見ることができます。

Yokohama001

この塔は1914年に移築されたもの。なんともとは木津

川市加茂にあったさう。明治時代に寺は買収され三重

塔は原三渓が保存のため移築され、三渓園のランド

マークとなっています。

Yokohama002

右手は聴秋閣でこちらは二条城にあったものを1922

年に移築。なんとも風流な建造物です。こちらからも

三重塔が眺めれることができますね。

 

小高い丘にある三重塔からは下には瓦葺きの堂宇が

確認できます。旧燈明寺本堂です。

Yokohama003

こちらは三重塔移築後しばらくは燈明寺にあったさうです

が、のちに塔を追うようにして三溪園に移築されました。け

ど移築されたとは思えないほど周りにマッチしていますね。

 

 

多数ある建築物の中でも特に楽しかったのが旧矢箆原家住

宅。飛騨の合掌造りの建物で2階にも上がれます。

Yokohama007

囲炉裏には火がくべられていましたが、実際その火力は

凄まじく、部屋の中は煙がもくもく、なんかまったりしたイ

メージと違っていました(^-^;。

 

庭園の真ん中には大池があり、鴨や鯉に亀、なんかが仲良く

休憩していたりして見ているだけで心穏やかになりました。

Yokohama008

他に見所がありすぎて、駆け足でしたが、軽く90分は

かかりました。来月には財団設立60周年記念で重文

建造物全10棟一興公開らしい。行きたいなぁ・・・。

Yokohama009


もっともっと見たかってんけど時間の都合上、次の目的

地、中華街へ向います・・・。つづく。

« A-rin`s Party!復命報告!【横浜の旅1日目】 | トップページ | 横浜セントラル悠々そして原信太郎氏に脱帽!【横浜の旅2日目②】 »

ももクロと音楽」カテゴリの記事

私の大旅行記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三渓園にゲキカ~ン!【横浜の旅2日目①】:

« A-rin`s Party!復命報告!【横浜の旅1日目】 | トップページ | 横浜セントラル悠々そして原信太郎氏に脱帽!【横浜の旅2日目②】 »