« 神仏第122番 観音寺 | トップページ | 東京征伐25-第2日(11日) ももクロにゲキカンす! »

2013年2月12日 (火)

東京征伐25-第1日(10日) 静嘉堂文庫美術館でゲキカンす!

久々の東京です。2009年にパヒュームのコンサートで行って以来
ですわ。今回は東京ブックマークで。ジェットスターでもよかったん
やが一度ブックマークを利用したかったんでね。2泊で
32,700円也。安いわ~。ただ列車の時間帯がちょっと。最安の
検索したら京都発12:06やからねぇ。これだけが・・・。

さて一日目の目的地は静嘉堂文庫美術館。友人に文庫の優待券
をもらい、更に今、国宝の曜変天目や油滴天目、九十九茄子などが
展示されているという。お茶はしないけど、戦国マニアですから
興味のあるところ。

さて静嘉堂はに二子玉川にあるという。ぜんぜんわからん。地図を
見たら渋谷から東急田園都市線とのこと。渋谷自体行ったことが
ないんで取り敢えず新幹線は品川で下車し、山手線で渋谷につき
ました。

ここから東急の駅まで行くのがまたややこしくて(^_^;)。階段を昇っ
たり降ったり、なんとか駅につき、東急で二子玉川へ。更にここから
がややこしくて歩いて15分程度でようやく静嘉堂につきました。

なんと美術館は山の上にあるらしく、結構あるきましたよ。軽い
ハイキングみたい。公園内には岩崎家の廟所があったり。

Tokyoseika002

というのも静嘉堂は三菱2代目社長岩崎彌之助と4代目
小彌太により創設されたものなんですな。なるほど納得
ですわ。

山中!?をまもなく行くと美術館につきます。右には文庫
があります。

Tokyoseika001_2

なんかシャーロック・ホームズの冒険に出てきさうな雰囲
気の瀟洒なお館ですなぁ。こちらははいれません。
右手の近代的な美術館が会場。

静嘉堂は国宝7点、重文83点を含む美術館で、彌之助
の書画や茶道具蒐集に端を発しています。企業美術館
としてはこれだけのものをもつのは有数で三菱財閥の
凄さを改めて認識した次第。

今回の展覧会は「曜変・油滴天目 茶道具名品展」という
もので国宝、重文はじめ105点の名品を展示しています。
普通に払ったら800円らしいですが、結果的に言えば
十分元が取れる内容でした。

曜変天目は何とも言えない艶やかさでじっと見入ってしま
いましたし、油滴の対照的な潔い美しさ、それぞれほんと
魅惑の名物ですわ。他にも大名物九十九茄子、松本茄子
など信長はじめ、天下人が愛した名物がこれでもかこれで
もかというほど展示されていました。茶道具にはあまり興味
なかったけど、今回の展覧会を通してその魅力に引き込ま
れましたね。いや~、こんな都のはずれまで来たかいが
あったってもんですわ。ほんまよかった。

時間も時間だってんで、宿行くため、渋谷へ戻ります。そ
れにしても二子玉川って都会だな。奈良よりはるかに都会
だもんヽ(;▽;)ノ。
渋谷ではヒカリエにもいきました。川本喜八郎の展示なん
かあったりして楽しめました。

とりあえず1日目はこんな感じ。非常に充実した1日でしたね。

« 神仏第122番 観音寺 | トップページ | 東京征伐25-第2日(11日) ももクロにゲキカンす! »

ももクロと音楽」カテゴリの記事

私の大旅行記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京征伐25-第1日(10日) 静嘉堂文庫美術館でゲキカンす!:

« 神仏第122番 観音寺 | トップページ | 東京征伐25-第2日(11日) ももクロにゲキカンす! »