« 神仏第71番 長田神社 | トップページ | アート・アクアリウム »

2013年1月12日 (土)

神仏第70番 湊川神社

さて今回最後の目的地は湊川神社です。こちらは2回目。
以前は建武中興15社でお参りしています。

高速神戸駅を地上に出るといきなり表神門が現れます。
取り敢えずでかい。大楠公をお祀りするにふさわしい構えで
すね。

Minato001

門をくぐると左手には宝物館や大楠公の生涯をわかりや
すく説明した説明板なども。かういった解説板はまず読まれ
ないもんなんですが、こちらでは多くの方が読まれていまし
た。これも大楠公の御神徳!?

参道をゆくことまもなく大きな拝殿が現れます。こちらは大東
亜戦争の戦火に遭い、昭和27年に鉄筋コンクリートにより復
興されたものです。

Minato002

拝殿の天井には著名な画家による絵が格天井にはめ込ま
れています。外からはよくは見えませんでしたが。

さて湊川神社の祭神はもちろん楠木正成。大楠公は延元元
(1336)年5月25日足利軍に敗れ、この地で戦死しています。

Minato004_2


正成死後、地元の人たちは正成を慕い、ご墓所を作り、大楠
公の御霊を祀ったやうです。秀吉の時代には尼崎藩主青山
幸利によって梅と松が植えられ、五輪塔も建てられました。
元禄元(1692)年には水戸光圀により、大楠公墓碑「嗚呼忠
臣楠子之墓」も建立されています。

Minato005

幕末になると皇室に篤い尊崇の念をもった大楠公が再評価
され、大楠公の御心霊を祀りたいという国民運動が盛んにな
ります。これを受け、明治帝は大楠公の忠義を顕彰するため、
神社創祀の御沙汰書を下しました。明治2年にご墓所、殉節
地などが境内に定められ、5年湊川神社として創建されまし
た。

朱印をもらいに授与所にいくとこのような授与品も。流石に
この値段はちょいと手が出ませんが、いいものですなぁ。大楠
公ファン真髄のアイテムです。

Minato003

また境内を歩いていると面白いものを発見。巫女さん忘れ
たのかな。

Minato006

中身をちょいと覗いてみると、巫女さんたちのお正月用の
マニュアルでした。

さてけふ最後の御朱印はこちら。

Minato008

シンプルなものですね。字は達筆でなかなかよかったんですが、
痛恨のミスをしていただいた・・・。小生は神仏は巡拝した順番で
なく霊場の札所順に朱印をいただいくようしているんですが、ちゃ
んと所定の箇所にお願いしますといったのに、違う所に・・・。後ろ
に待つ人もいて立て込んでいたとはいえ、こんなのはじめて
~゚(゚´Д`゚)゚。

まあ最後はオミソがつきましたが、切符をフル活用し、内容の濃い
巡拝をすることができましたわ。ふにゃ~。

« 神仏第71番 長田神社 | トップページ | アート・アクアリウム »

神仏巡拝録」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神仏第70番 湊川神社:

« 神仏第71番 長田神社 | トップページ | アート・アクアリウム »