« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の9件の投稿

2013年1月30日 (水)

レ・ミゼラブル

ワーナーが20、30日は1000円なんで久々に映画に。

それにしてもレディースデーがあってなんでメンズデーの

あるところは少ないんやろ。1000円の味をしめると1800円

なんて高くて見る気がしないわ。

で、今話題のレ・ミゼラブルを見てきたんやが、評判通り

面白かったね。3時間もあっという間。英語に違和感を覚

える人も多いらしいが、拙子はなんとも。どっちも聞いても

わからんしね。

吃驚したのは俳優さんが全然わからん。ジャンの人も初め

て知ったし。ラッセル・クロウ以外誰もわからんかったのは

ちょっとショック(;゚Д゚)!長らく洋画は見てへんからついてい

けてへんのよね。アン・ハサウェイは別嬪でよかったけど。

次はテッドかな。1日がまたまた1000円。仕事帰りに寄ろう

かな~。

2013年1月15日 (火)

アート・アクアリウム

10:30に到着しましたがもう結構な人でしたね。平日でこれ
だから休日は推して知るべし。大丸のサイトで割引券があっ
たので、そちらを提示して200円引き。これはお得!

はじめは様々な金魚の展示。ただ普通に展示するのではな
く、水槽に多色のライトを照射して、金魚も背景もいろいろな
色に映えこれが、なんとも神秘的。

それが終わると、ここからアート・アクアリウムの真骨頂。怒
涛の展示が始まります。下手な説明は無粋。写真だけ載せ
とかう。

Art003

Art001

Art002_3

光の演出や金魚の動きなど、一瞬たりとも同じ表情はなく、
ほんま見ていて飽きませんでしたわ。また見に来たいな。

2013年1月12日 (土)

神仏第70番 湊川神社

さて今回最後の目的地は湊川神社です。こちらは2回目。
以前は建武中興15社でお参りしています。

高速神戸駅を地上に出るといきなり表神門が現れます。
取り敢えずでかい。大楠公をお祀りするにふさわしい構えで
すね。

Minato001

門をくぐると左手には宝物館や大楠公の生涯をわかりや
すく説明した説明板なども。かういった解説板はまず読まれ
ないもんなんですが、こちらでは多くの方が読まれていまし
た。これも大楠公の御神徳!?

参道をゆくことまもなく大きな拝殿が現れます。こちらは大東
亜戦争の戦火に遭い、昭和27年に鉄筋コンクリートにより復
興されたものです。

Minato002

拝殿の天井には著名な画家による絵が格天井にはめ込ま
れています。外からはよくは見えませんでしたが。

さて湊川神社の祭神はもちろん楠木正成。大楠公は延元元
(1336)年5月25日足利軍に敗れ、この地で戦死しています。

Minato004_2


正成死後、地元の人たちは正成を慕い、ご墓所を作り、大楠
公の御霊を祀ったやうです。秀吉の時代には尼崎藩主青山
幸利によって梅と松が植えられ、五輪塔も建てられました。
元禄元(1692)年には水戸光圀により、大楠公墓碑「嗚呼忠
臣楠子之墓」も建立されています。

Minato005

幕末になると皇室に篤い尊崇の念をもった大楠公が再評価
され、大楠公の御心霊を祀りたいという国民運動が盛んにな
ります。これを受け、明治帝は大楠公の忠義を顕彰するため、
神社創祀の御沙汰書を下しました。明治2年にご墓所、殉節
地などが境内に定められ、5年湊川神社として創建されまし
た。

朱印をもらいに授与所にいくとこのような授与品も。流石に
この値段はちょいと手が出ませんが、いいものですなぁ。大楠
公ファン真髄のアイテムです。

Minato003

また境内を歩いていると面白いものを発見。巫女さん忘れ
たのかな。

Minato006

中身をちょいと覗いてみると、巫女さんたちのお正月用の
マニュアルでした。

さてけふ最後の御朱印はこちら。

Minato008

シンプルなものですね。字は達筆でなかなかよかったんですが、
痛恨のミスをしていただいた・・・。小生は神仏は巡拝した順番で
なく霊場の札所順に朱印をいただいくようしているんですが、ちゃ
んと所定の箇所にお願いしますといったのに、違う所に・・・。後ろ
に待つ人もいて立て込んでいたとはいえ、こんなのはじめて
~゚(゚´Д`゚)゚。

まあ最後はオミソがつきましたが、切符をフル活用し、内容の濃い
巡拝をすることができましたわ。ふにゃ~。

神仏第71番 長田神社

枚岡神社から近鉄と阪神を乗り継いで高速長田へ。結構時間が
かかりました。駅を降り地上に出ると参道商店街が広がります。
結構賑やかな商店街、見ていて飽きませんわ。10分も歩けば
長田神社に到着です。こちらは初めて。

Nagata001

長田神社は神功皇后摂政元(201)年、皇后が新羅より帰還の
際、武庫の水門にて事代主命が「長田の鶏鳴の聞こえる里に吾を
祀れ」とのお告げを受け、長媛は長田の地を探し、ある森に入った
ところ、するどい鶏の鳴き声が聞こえ、そこに事代主命をお祀りし
たことに始まります。

東鳥居を抜け、広い境内を進むと右手に神門が見えます。この広い
境内には上記の由来にも見えるやうに戦前までは多くの鶏がおり、
チキンテンプルとも称されていたさうです。

Nagata002

神門をくぐると拝殿が。

Nagata003

昭和の名建築とされ、有形登録文化財の指定を受けている
やうです。また阪神淡路大震災により多くの社殿が半壊に近い
状態になりましたが、篤い崇敬の奉賽により震災前の姿を
取り戻されたとのこと。

拝殿の周りには蛭子社や楠宮稲荷など多数の摂末社が。こん
な面白い絵馬も。

Nagata004

ここの御神木である楠が、もとはアカエイが化身したもの
とされる所以ださう。さういや大阪難波の廣田神社でもこの
やうな絵馬を見ましたっけ。

社務所の前ではこれまた興味深いものが。眼鏡碑ださうで
事代主命があらゆる事物を見通せることにあやかり、眼鏡の
守り神として建てられたさうです。

Nagata006

こちらではおみくじはしませんでしたが、くくり紐にくくられて
いるおみくじのカラフルなこと。さすが神戸、おみくじもおしゃれ
ですな。

Nagata005

またこちらでは切符についていた祈念品の引換を受けました。
なんかなぁ~と思っていたら。

Nagata009

福銭でした。置物とかより実用的なもので、ほんまいいものを
いただきました。さて社務所で御朱印をいただきました。

Nagata007

奉拝のしたに見えるのはKOBEかな。朱印に英語って、やっ
ぱり神戸ですな。さて神社をあとにし、ちょいと寄り道。
長田に復興のシンボルとして建てられた鉄人28号の像がみた
かったんで、切符の最遠の駅、西代へ。

駅から15分程度で像につきました。ほんとは地下鉄でいった
ほうが近かってんけど、今回の切符を駆使したかったんでね。
感想は思ったよりでかい!なるほどまさに復興にふさわしい、
像ですわ。これは元気づけられる!

Nagata008

あと商店街では三国志の催しが・・・。横山光輝の絵もたくさん
飾られとったし。なんでかなぁ~と思ってたら横山氏は神戸出
身やったんですわ。鉄人に三国志、なるほど納得です。
さて西代まで戻り、けふ最後の目的地、高速神戸に向います。



神仏第60番 枚岡神社

けふから四連休に入るため、とりあえず第1日目は神仏。近鉄・阪神
共同のこんなお得な切符が販売されていたため、これを使って神仏
巡拝!因みにこの切符では神戸高速線の西代まで自由に乗り降り
でき、1500円です。

Hiraoka000

まずは枚岡神社。こちらはもうようお参りさせてもらってます。
5回くらいは来てるかな!?
枚岡駅に降り立つと大きな石碑が現れます。

Hiraoka001

元春日で有名ですな。字はこちらでは平岡を使ってますね。
あと珍しく大社の称しています。こちらは旧官幣大社なんです
から枚岡大社でも問題ないと思いますが。枚岡神社なんです
ねぇ。氷川神社や賀茂神社もさうですね。慎み深いですな。

さて右に見える階段を登ると鳥居が現れます。

Hiraoka002

鳥居の脇にかやうな石碑も。三条実美の書とのこと。さすが
官幣大社ですね。またこちらは河内国一宮でもあります。

Hiraoka003

枚岡神社は紀元前663年に神武天皇が、神津嶽に天児屋根命と
比売大神をお祀りし、白雉元(650)年に現在の地に神殿が作られ、
二神を遷座しています。春日大社が創建されるにあたっては二神を
こちらより分祀したため、元春日とも。のちに武甕槌命、経津主命
を合祀しています。

鳥居をくぐると広い石畳の参道が広がり、前方には生駒山が
迫っており、何とも言えない厳かな雰囲気が実にいいですわ。
手水で身を清め、階段を登る手前に面白い石像が。

Hiraoka004

武甕槌命が鹿に乗って旅立たれた故事にちなむとのこと。
なるほど~。
階段を登りきるとすぐに拝殿に到着します。

Hiraoka007

拝殿から階段まではスペースがなく、お正月はえらく混雑する
でせうなぁ。運気アゲアゲをお頼みします。また今回の切符に
おみくじの引換券も付いていたため、引かせていただくと吉。
「足ることを知るべし」と。まあ確かに(´・_・`)。わかってるのです
がね。

拝殿の裏には枚岡造りの本殿が並びます。あんまり良くは
見えませんが。千木などがちらほら見えます。

Hiraoka006

境内は広く、他にも若宮社や天神地祇社があります。また隣に
は枚岡梅林も。こちらは暗峠ハイクの入口にもあたるためハイ
カーも多いです。

こんなものも発見。これは神社では珍しいかも。さすが冬なんで
身を清められている方はいませんでしたが。

Hiraoka008

さて今回いただいた御朱印はこちら。

Hiraoka009

以前一宮の朱印帳にいただいたものとは違います。神気で
せうかぁ?お正月バージョン?なんか特した気分です。

さて切符の元を取るために、次の巡拝地、神戸へ参ります。



2013年1月 2日 (水)

神仏第43番 四天王寺

桜井神社から車を26号線で北上四天王寺へ。道はさほど混ん
でませんが50分はかかりました。
四天王寺は推古元(593)年、聖徳太子が仏法最初の大寺として
創建した寺院です。

Shiten002

鳥居の横の石碑にも「大日本佛法最初四天王寺」との文字が。
因みに横の鳥居は1294年の建立で重文です。

鳥居を抜けると西大門が聳え建ちます。この大門には転法輪
があり、これをくるくるっと。子どもの時にもこちらにはちょくちょ
くお参りさせてもらっており、その頃から転法輪をくるくるっと
回していましたので、懐かしいの一言。

Shiten003

大門をくくると中心伽藍が。しかしこちらの方は既には拝観が
終了しており(受付は15:40まで)、残念ながらパス。

Shiten004


仕方なく六時礼賛堂へ。こちらは西国薬師霊場にもなっている
ので御朱印をもらえると思いきや、納経所はまた別のところ
らしい。なお六時礼賛堂は中心伽藍が昭和の再興であるにも
かかわらず元和9(1623)年の建築で、重文指定です。

Shiten001

因みに手前に見える石舞台はこれまた重要文化財で日本
三舞台の1つ。残る2つは住吉大社と厳島神社です。

さて係の人に納経所を聞くと16:00までとのことなので急ぎ
ます。なんとか16:00丁度に滑り込みセーフ。
納経所内部にはいろいろな掛け軸なども展示販売されてい
ました。西國の掛け軸を見ていたらなんと番外に善光寺は
知ってたけど、高野山と四天王寺ものってました。これはし
らなんだ。

御朱印をもらい、境内をぐるりと。宝物館とかもあったんです
なぁ。あとこのやうな写真も。

Shiten006

五重塔とあべのハルカス。新旧の対比がなんともいいですな。
ちなみに現在の五重塔は昭和34年再興ですが、なんども焼け
ては再建されているやうでその前は昭和16年、更に文化年間、
元和年間など度々不死鳥のごとく蘇っているようですね。

さて今回いただい御朱印はこちら。

Shiten007

なんでもこのお寺では12種類の朱印が用意されているようで
こちらは神仏バージョンです。大悲殿なんで観音様ですな。

けふ1日にで2社2寺、精力的に参拝完了。どうか今年1年、
神仏のご加護を賜らんことを願います。合掌。

和泉寺社紀行

けふも年始第2弾の寺社巡り。本日は堺方面へ。第2阪奈と阪神高速を
飛ばし、堺へ。まずは大鳥大社。地元の自動車学校とダイエーが臨時駐
車場として解放されていました。おかげで渋滞などはなくすっと駐車場に。

しかし神社は大混雑。境内は一方通行となり、周りは人人人。さすが
旧官幣大社、和泉国一宮、地元の崇敬の高さが覗い知れますな!

Sakai001

拝殿は案外間口が小さいため、その前でまた大行列。しばらく待ち
参拝。となりの授与所で御朱印をもらいました。

Sakai002

さて人ごみの多さとまたこちらは一度訪問したこともあることから
早々と撤退。途中のらやがあったんでこちらでうどんを注文。
以前なんばシティにあったんやがなくなったのね。その本店が
こちらでした。

次の目的地の桜井神社へ行く前にちょっと寄り道。こんな言い方
したら罰当たりか。家原寺へ。行基の誕生所らしいです。場所は
大鳥大社から車で10分もかからないのですぐ。

ここは受験の時期になると近畿のニュースではよく取り上げられ
るお寺です。お寺の本堂はこんな感じ。

Sakai003

本堂の外壁一面に合格祈願を書いたハンカチが一面にかく
のように貼り付けられています。本堂は重文とのことなんで
すがこれはおkなんですかねぇ。古い感じのお寺でしたが、
新しいインド風の仏像が境内のあちこちにあったり、なんとも
不思議な雰囲気。ただ行基ゆかりのものが何もなかったのが
ちょっと残念でした。

さて家原寺をあとにし桜井神社へ。こちらは拝殿が国宝で有名な
神社。電車ではなかなかいけない場所にあるのでこの機会に。
家原寺からはすこし離れており、車で20分はかかったかなぁ。片
蔵という旧村の中に鎮座されていました。

創建は古く、古代にこの地に住んだ櫻井一族が祖先の武内宿禰
を奉斎し、推古天皇5(597)年、八幡宮を合祀、上神谷八幡宮と
も称されました。

Sakai004

神門の前には国宝桜井神社拝殿の石碑が。門をくぐると目の前に
すぐに拝殿が現れます。

Sakai005

Sakai006

拝殿は鎌倉時代前期の建築で、中央に土間の通路として馬道
が設けられた珍しい構造。割拝殿といいます。昨日は石上神宮
でこれまた国宝の割拝殿を拝見しましたが、こちらはまた感じが
まったく違います。その鮮やかな朱といい、また神社建築として
は珍しい瓦葺というのも。珍しい、いいものを見せて頂きました。
さすが国宝ですね。

拝殿裏には本殿が。櫻井神社、国神社、山井神社の3つの社
殿が鎮座されているようです。

Sakai009

最後に御朱印をいただきました、こちらは作り置きタイプ。
一枚もんで朱印帳にのりでぺたっとはらんとあきません。

Sakai008_4

さて次はけふ最後の四天王寺、神仏霊場へ。

2013年1月 1日 (火)

初詣平成25年

今年は天理の古社へ。

まずは大和神社。神仏でも訪れてますし、3回目。混んでると
思いきや、確かに車はちょっと多めやけどしれたもの。
境内も閑散としてましたわ。

拝殿で運気上昇などいろいろお願いしました。後ろに人が
並んでへんので、ゆっくり拝めました。

おみくじは微妙。小吉。大吉なんて出たことないなぁ。しか
も番号四十二だったし・・・(^-^;。

Hatsumo002

境内には戦艦大和ゆかりの神社とかの石碑が新しく建って
ました。

Hatsumo001_2

次は石上神宮へ。こちらは神社のちょっと前から既に道が
駐車場に入る車で渋滞。社格は同じ官幣大社なのに、こ
の違いはなんじゃらほい。結局入るのに30分程度はかか
りました。参道もすごい人。あと屋台とかも出てお正月感
バリバリでした。

Hatsumo003

こちらも拝殿でお参り。人が多くて先程はゆっくりお願い
できませんでしたが・・・。

あと職場関係の人を2人、正月早々見ちゃいました。
このあたりでも顔が指すんだなぁ(^_^;)。

それはともかく格式の高い両社で初詣を済ますことができ
なにより。今年1年がいい年になりますように。

Hatsumo004


Hatsumo005

欲を言えば「新春初詣」の1文とか欲しかったかも。

ももクロ元日重大発表

昨日からなんか緊張してよう寝れんかったわ・・・ヾ(*゚A`)ノ。

杏果は残念だけどしばらく休養して、ももクロは国立競技場目指して頑張って

欲しい。正月早々もう驚かせんといてよ~、もう若くないねんからぁ(^_^;)。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »