« 「ちょびっツ」最終話より | トップページ | 神仏第45番 今宮戎神社 »

2012年4月14日 (土)

神仏第14番 東大寺

久々に奈良に行きました。JR奈良駅のショッピングモールが
出来ていたり、三条通りが拡幅されていたり、また県文の食
堂が閉店していたり、えらいかわってましたわ。

東大寺は3年ぶりくらいかな。以前は聖武天皇祭を見に行っ
た際ですからね。

まあ東大寺も奈良の他の主要寺院とともに地元ということで
あってあんまりきいひんのですね。だから結構新鮮だったり
する。

Todaizhi01


東大寺の参道をいくとまず見えてくるのが南大門。鎌倉時
代の建築で大仏様。門の両脇には運慶、快慶作の金剛力
士像が聳えています。

Todaizhi02

これらの像は建仁3(1203)年、二人が70日間で完成させた
ものださう。筋肉隆々実に写実的で今にも動き出しさう。

南大門をこえるといよいよ前方に大仏殿が見えてきます。
脇から大仏殿の伽藍に入ります。ついに大仏殿の全容が
現れます。

まあとにかくでかい。世界最大の木造建築物です。支那の
紫禁城すら及ばない。現在の大仏殿は3代目。初代は奈良
時代、そして2代目は鎌倉時代、現在のは江戸時代、宝永
6(1709)年に再建されたもの。

Todaizhi03

内部に入ります。正面にはど~んと大仏さん。こちらもや
はりでかい!ありがたみも超弩級です!
内部を一回りし、御朱印をもらいました。

Todaizhi04


大仏殿を後にし、手向山八幡宮へ。この神社は天平感宝
5(749)年に大仏造立の際、宇佐より八幡神を勧請したも
のです。こじんまりとしたお社ですが、是非参りたいもの
です。

Todaizhi05

北側には法華堂や二月堂などが立ち並びます。さて最後は
東大寺ミュージアムへ。

平成23年10月に開館したばかりのまだ新しい美術館。こち
らはまだ一度も訪れたことがなかったので楽しみにしてました。

内部は明かりを絞り、シックな演出。国宝の金堂鎮壇具や
金銅八角灯篭火袋羽目板、そして最大の見所が法華堂の
不空羂索観音、日光・月光菩薩立像などなど。結構ボーリュ
ームありますね。ただ結構、奈良博の常展に展示されていた
ものも多く、ちょっと残念だったかも。

Todaizhi07

最後に御朱印です。大華厳寺と書かれています。東大寺は
華厳宗のお寺ですからその別名が書かれているんですな。
朱印をまつなか、結構若い女性が多かったのが印象的でし
た。


« 「ちょびっツ」最終話より | トップページ | 神仏第45番 今宮戎神社 »

神仏巡拝録」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神仏第14番 東大寺:

« 「ちょびっツ」最終話より | トップページ | 神仏第45番 今宮戎神社 »